« アニメ映画感想:トワノクオン 第6章「永久の久遠」 | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 09 捕食 »

2011年12月 3日 (土)

アニメ感想:UN-GO(アンゴ)第8話「楽園の王」

いやあ、私の頭では理解するのに苦労した。何度も繰り返してやっとわかった。頭良過ぎるね會川昇。だけどそれが両刃の剣となると思うね。この人の場合。
ミステリーで本来、一人二役を演じるのは犯人だが、この場合、小説家と別天王の介入で収監センターの関係者全員が一人二役を演じさせられていた所為で事件が見かけだけ複雑になった訳だ。
だが、それは同時に坂口安吾の見た戦後の日本人社会そのものだったといいたいのでは。

|

« アニメ映画感想:トワノクオン 第6章「永久の久遠」 | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 09 捕食 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/53393999

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:UN-GO(アンゴ)第8話「楽園の王」:

» ◎UN-GO第8話「楽園の王」 [ぺろぺろキャンディー]
ユウキは行方不明だった。ライが探す。社会復帰促進センターにいた。リエが、どうして何日もそこにいるのかと思う。防壁があってライでも入れない。ユウキは、3人の囚人の女性と話... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 19時56分

« アニメ映画感想:トワノクオン 第6章「永久の久遠」 | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 09 捕食 »