« アニメ感想:ギルティクラウン 10 縮退 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20111217) »

2011年12月17日 (土)

アニメ感想:輪るピングドラム #23

やはり、桃果は天使で、悪魔との、呪いと封印の運命対決だったか。そして対決はお互い半分ずつの痛み分けで、その表象が闇兎とペンギンか。これは幾原版デビルマンだったのか。
運命のダイアリーはOPの予告通りリンゴが火に巻かれて灰となった、が彼女は果たしてどうなったか。ヴィム・ヴェンダースの「時の翼に乗って」をほうふつとさせるんだよねえ、色々と。

|

« アニメ感想:ギルティクラウン 10 縮退 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20111217) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/53503880

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:輪るピングドラム #23:

« アニメ感想:ギルティクラウン 10 縮退 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20111217) »