« アニメ感想:ギルティクラウン 13 学園 | トップページ | アニメ感想:モーレツ宇宙海賊 3話 »

2012年1月21日 (土)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120121)

★「눈부시도록(まぶしいほどに)」3巻。ユン・チウン(윤지운)(大元CI)。
今回のトピックとしては、ソン・ソクリンがかつて魅せられたインディーズのアルバムCDを一枚だけ作ったバンド「ピュアドリーム」が、一度だけ知人のライブの応援で復活することになった、という話だが、それ自体が主題と言うよりは、前後の皆の微妙な心理の綾を巧みに描写している。直接的な「ピュアドリーム」当時の背景、今の本音とかは「説明」されない。まさに文学。このマンガすでにコミックス5巻まで出ているし、他にOLもの「안티 레이디(Anti Lady)」(ソウル文化社)も続いているのでさっさと読まなければ。

Mabusiihodoni3


★「궁(宮)」27巻(パクソヒ=박소희)(ソウル文化社)。遂に全巻完結。邦訳も間近だが、この後に今、月刊となったWINK誌に、パク・ソヒが外伝の短編を描いていて、これがしばらく続きそうなので外伝篇で、いずれもう一巻でるかもしれない。

Kun27_2


★「어른들의 크리스마스(大人たちのクリスマス)」ハン・ヘヨン(한해연한혜연)。ゴブギブックス(亀ブックス=거북이북스)。純情漫画(少女マンガ)というよりは、少女から老女まで、現代に生きる女性の心理描写が巧みな作家による、クリスマスの日をテーマとして描き続けた短編集。心温まるゴーストストーリーからミステリー、モダンホラー、日常的な母と子の葛藤、実験的作風までバラエティとクオリティの両面を堪能した。

Otonatatinochristmas

|

« アニメ感想:ギルティクラウン 13 学園 | トップページ | アニメ感想:モーレツ宇宙海賊 3話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/53782493

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120121):

« アニメ感想:ギルティクラウン 13 学園 | トップページ | アニメ感想:モーレツ宇宙海賊 3話 »