« 昨日のNHK紅白で | トップページ | 本感想:オレンジ党 最後の歌 天沢退二郎 作。林マリ 画。 »

2012年1月 4日 (水)

アニメ感想:ちはやふる 13話感想

今回アニメ化された、そうとは知らずに千早が現かるたクイーンと神社ですれ違うシーン。誰も思わないようだが、あのシーン、アニメはあっさりし過ぎ、原作だとあそこに、見開き頁をドーンと(笑)使う程の衝撃がくるのだ。あるいは、往年の少年サンデーの劇画「男組」のクライマックスのパロディでは、と私は解釈してる。
では、なんでマンガはそこまでしたのか。二人の未来の宿命と、現在の差の大きさを象徴する為に、リアリティを捨て、この「邂逅」で千早は、クイーンの「毒気」に当てられて、突然ぶっ倒れてしまった、と私は原作を初読した時から思ってる。

|

« 昨日のNHK紅白で | トップページ | 本感想:オレンジ党 最後の歌 天沢退二郎 作。林マリ 画。 »

ちはやふる」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/53650484

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:ちはやふる 13話感想:

« 昨日のNHK紅白で | トップページ | 本感想:オレンジ党 最後の歌 天沢退二郎 作。林マリ 画。 »