« アニメ感想:「輪廻のラグランジェ 12話」「アクエリオン EVOL 13話」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120331) »

2012年3月29日 (木)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120329)

★「눈부시도록(まぶしいほどに)」4巻。ユン・チウン(윤지운)(大元CI)。3巻の記事はここ
ヒロインのソクリンは、かつての「ピュアドリーム」のメンバー、シヨル(店のマスター。オーナーで大学講師のシヒョンは姉)と、フィアン(シヨルとシヒョンの現ルームメイトで少年時代キリスト教会でこの姉弟の後輩、大学休学中)のライブシーンを観て感動する。そしてアメリカにバイオリンで音楽留学中の妹に付き添って渡米した母からの近況を伝えるメールにショックを受けて思わず激情に駆られる。そんなソクリンを慰めてくれたフィアンに告白してしまう。大学の学業と学費捻出に追われて生活に余裕がないソクリンは、そんな自分の気持ちを持てあます。しかしフィアンはやはり優しく彼女を受け入れる。そこに、ユチェ(大学生の筈だがその場面がない。シヨルが店を留守にする時は実質、彼女が店を仕切る)を加えた三角関係か?というところ、まだ明示されていないが以前フィアンとユチェの間には何かあったらしい。
こうストーリーを要約するとあまり面白くないが(笑)、ソクリンを中心とした青春群像の光と影の心理描写のテクニックは、簡潔かつ繊細で極めて高いのだ。それに日本人から見るとあちらの大学の単位取得の苦心、工夫、制度慣習の違いなどが垣間見れて興味深い。

Mabusiihodoni4

★「안티 레이디(Anti Lady)」2巻。ユン・チウン(윤지운)(ソウル文化社)
上記と同じユン・チウンの、こちらはOLもの。会計事務所で働くチョン・イウォン。1巻では久し振りの恋に失敗。2巻では、親友二人、ファッション関係のフリーライターと、中学の数学教師の描写が深まる一方、さらに職場の人々との冷めた関係描写を通じて、イウォンの職場での孤立感を際立たせる。

Antilady2

★「호랑님의 식탁(虎様の食卓)」3巻。임해연(イム・ヘヨン)。鶴山文化社。

設定は、ここ。今巻では、偶然知り合った生活に恵まれていない少年に、ミ・ウォンがやはり弁当作りで所謂おせっかいをやくエピソード。反抗しつつも感謝の気持ちを形にしようと少年が悪い友達の儲け話に誘われるところで次巻へ。まあ定石の展開だが、柔らかいタッチが、あくの強いキャラ描写を受け入れやすくして、楽しめる。

Torasamanosyokutaku3

|

« アニメ感想:「輪廻のラグランジェ 12話」「アクエリオン EVOL 13話」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120331) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

韓国純情漫画感想、ひそかに毎回楽しみにしてます!ここでしかまとめて韓国の漫画感想を読めないので、ありがたいです。これからの更新もわくわくしながら待ってます(*゚▽゚)ノ

投稿: | 2012年3月30日 (金) 10時37分

どこのどなたか存じませんが(笑)ありがとうございます。私の行為も無駄ではないと励みになります。

投稿: とべイサオ | 2012年3月30日 (金) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/54326363

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120329):

« アニメ感想:「輪廻のラグランジェ 12話」「アクエリオン EVOL 13話」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120331) »