« 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120627) | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120630) »

2012年6月30日 (土)

アニメ感想:「エウレカセブンAO 11」

こういう、理屈っぽいめんどくさい話をきちんと整理して書けるのは、やはり會川昇か。トゥルースの出現で、アイディア的にも極めてややこしいことになった。情報的に考えると、実在の問題は、あらゆる可能性がある。しかも、今回は、人喰いアメーバの恐怖が入ってるかと思えば、そのネタもあっさり割って、エレナとミラーまで伏線だったのか!、そしてあの光景は、エレナはよりエウレカやアオに近い存在か、エウレカと一緒に落ちてきただけでなく、そもそもエウレカと同じ世界の存在だったのか?あるいは、アオも同様であり、エウレカと親子というより、エレナも含めて、兄弟姉妹に近い?と当らない予想をしておこう。さらに、ラスト「魔女の宅急便」の宣伝コピーに加えて、「レオン」のラストシーンじゃねえか(あたしも「レオン」大好きだけど)。

|

« 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120627) | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120630) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/55084251

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:「エウレカセブンAO 11」:

« 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120627) | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120630) »