« アニメ感想:「アクエリオン EVOL 23話」「キングダム 第1話 無名の少年」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120607) »

2012年6月 4日 (月)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120604)

★「Tiara」9巻。原作이윤희(イ・ユニ)。漫画카라(カラ)。ソウル文化社。前巻の記事はこちら
夏休みの祝祭の最中、遂にフェイ(페이)も襲撃を受ける。ただし、背景は色々ありそうで、襲撃を依頼したのは、前巻の暗殺者だが、騒ぎを起こすことが目的で、本気で暗殺を狙ったわけでもなさそうで、真意が不明。ストーリーとしては謎だらけで特に進展はなかったが、この襲撃を契機として未来視を司る神官の息子、キスチェル(키스첼)は、遂にフェイに、告白。どう対応していいか分からないフェイがドタバタ、さらに、アキ(아키)まで、動揺。フェイを監視しているうちに、彼もまた国の王位継承者である兄がいるので、兄を光、自分は影とみなしているので、フェイの立場に感情移入してしまったのだ。

Tiara9

|

« アニメ感想:「アクエリオン EVOL 23話」「キングダム 第1話 無名の少年」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120607) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/54878183

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120604):

« アニメ感想:「アクエリオン EVOL 23話」「キングダム 第1話 無名の少年」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120607) »