« アニメ感想:「つり球 #9」「エウレカセブンAO 09」 | トップページ | アニメ感想:モーレツ宇宙海賊 23話 »

2012年6月10日 (日)

韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20120610)

「방울공주(鈴姫)」5巻パク・ウナ(박은아)作。鶴山文化社。
4巻が出てから丸一年ぶりの新刊。宮中に母親(キョンウォン夫人=경원부인)がいることを知ったパンウルは人間の姿の自分を見せたくて会いに行く。しかし、母の態度は冷たく、二度と自分の前に姿を見せるな、と警告する。ショックを受けつつも母親を想うパンウルは、宮を出ていくことを決意し、ムケツムキョルに一緒に行ってくれないか、と誘うのだが、ムケツムキョルも冷淡で、自分は3年間、宮で勤める義務があり、これを破れば故郷の家族にも害が及ぶ、「パンウル、お前のように自由ではない」と告げるのだった。宮を出たパンウルは、都のある飲み屋で働くことになった。3年間ここで待っていれば、宮仕えを終えたムケツムキョルがきっと探しに来てくれる、と信じて・・・。一方、国王の子でありながら怪しげな術や式神を使う謎めいた姫(설란公主)と王子(후토)は、姫はキョンウォン夫人との確執から他国に嫁に出されることが決まり、王子はパンウルが気に入ったらしく、突然宮中から失踪した彼女を、多数のカラスを使って探し続ける。そしてキョンウォン夫人に横恋慕する余り国王は、宮中に隠れていたキョンウォン夫人の夫を抹殺した。さらに姫はキョンウォンに辛い心理的な報復をしかける・・・。
なんとも皆さん方(笑)数奇な運命をたどり始めたようで、話の収束、着地点は未だ見えない。気になるのはパンウルのムケツムキョルに対する想いが一方的なものに見えることだ、アンデルセンの人魚姫にならなければいいが?

Panurukonju5

|

« アニメ感想:「つり球 #9」「エウレカセブンAO 09」 | トップページ | アニメ感想:モーレツ宇宙海賊 23話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/54922527

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20120610):

« アニメ感想:「つり球 #9」「エウレカセブンAO 09」 | トップページ | アニメ感想:モーレツ宇宙海賊 23話 »