« アニメ感想:「アクエリオン EVOL 25話」 | トップページ | アニメ感想:「つり球 #11」 »

2012年6月20日 (水)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120620)

「恋慕(연모)」3巻(大元CI)。イ・ソヨン(이소영)。1巻はここ。2巻はここ
私は朝鮮史に無知なので、キャラクターに実在の王族のモデルがいるのか分からないが、向こうのレビューによると架空の話らしい。この3巻のカバーの見返しに、作者による主要登場人物紹介が書かれたので、それを抜き出して訳しておこう。

「자을산君」を恋慕する妓生「세류지」。
세류지にまとわりつく、傍若無人な王子「창원君」。
자을산君の実兄「월산君」。
월산君は、王「휘」の玉座を脅かすほど有力な継承地位を占めるので事件の中心にいる人物。
最後に、悲運(?)の王妃となる「노이영」。

物語は、前巻で、虎から王、フィ(휘)の命を救った武官、チョン・ミス(정미수)の父の仇が、フィの祖父であることを承知の上で、フィは、よりそばに置くようになる。フィは、ミスに直接、本当に父の仇敵の孫である自分に忠誠を誓えるのか質すが・・・。
チョン・ミスは病床にある母からも、父の敵の孫である王の側近くにいることを責められている。
ミス本人はフィに対し憎悪や復讐心など起きないことに苦悩していた。そして遂に、フィは、王子の頃に自分の前に現れ、突然消えた宮女がミスであることを知ってしまった。
フィは、ミスに仇敵の因縁があることよりも、あの娘がチョン・ミスであったことにこそ、裏切られた思いを強くする。
ミスは、思い余ったか?突然、王の構える弓の的の前に、己を射よと言わんばかりに立つのだった・・・。

Renbo3

|

« アニメ感想:「アクエリオン EVOL 25話」 | トップページ | アニメ感想:「つり球 #11」 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/55013918

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120620):

« アニメ感想:「アクエリオン EVOL 25話」 | トップページ | アニメ感想:「つり球 #11」 »