« アニメ感想:「エウレカセブンAO 15」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120805) »

2012年7月29日 (日)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120729)

「恋慕(연모)」4巻(大元CI)。イ・ソヨン(이소영)。3巻の記事はここ
王、フィ(휘)の放った矢をチョン・ミス(정미수)は避けなかったが、顔をわずかにかすめただけで無事に済んだ。それで、ミスのことを許したフィは、彼に官位、官職を正式に与え、側において護衛として重用する(重臣達は大反対した。ミスは逆賊の子であり、彼を擁立して再び謀反を企てる者達が出ることは十分にあり得るからだ)。
フィは、自らミスに、余の耳目となり、民草の声を聴かせるのだ、と命じ、ミスは改めて王に忠誠を誓う。
そしてフィは、遂に皇后を迎える。しかし初夜に、フィは后に寝室は一緒の時でも床は別にすると告げて後はひたすら后に詫びるだけであった。
一方、傍若無人な王子창원(チャンウォン)君は、遂に妓女を殺害する暴挙に出るが、フィの推理と英断、ミスの密偵活動で証拠を掴まれ、拘束された(処分は未だ)。
さらに、월산(ウォルサン)君は、王位を狙ってか?しきりとミスを挑発したり、探りを入れたりするのだが、フィの急所は見つけられない。しかし、このウォルサンの弟、자을산(チャウルサン)君もミスに色々とちょっかいを出すのだが、兄に接触を図る王の主治医を一喝してこれを防ぐなど、裏で手を回してフィとミスを助けるので、真意は好意か、やはり自分も野心があるのか、食えない男だ。
展開上は、朝鮮王朝史、平たく言えば韓流時代劇の定番の王族と官吏達の権力を巡る謀略と派閥争いだが、その中で、フィとミスはますます心を通い合わせ、故に二人の運命は確実に暗雲が広がっている。

Renbo4

|

« アニメ感想:「エウレカセブンAO 15」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120805) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/55308479

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120729):

« アニメ感想:「エウレカセブンAO 15」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120805) »