« アニメ感想:「輪廻のラグランジェ season2」第9話 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120907) »

2012年9月 3日 (月)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120903)

김연주(キム・ヨンジュ)の「Nabi」(大元CI)の読み直し。ようやく12巻まで戻ってきた。
묘운(妙雲=みょううん)、류상(柳尚=りゅうさん)、소류(霄流=そりゅう)、하림(霞林=はりむ)、한아(韓花=はな)、シャン族の星と謙、이사나(イサナ)等の出自とか因縁とか、一通り、話に出てたんだな(我が事ながら間抜けなこと)。
しかし、それでも私から見て、もっとも複雑なキャラクターは、ハリムだ。本当に線形の人生に整理できるのか?パラレルワールドで人生やり直してないか?とツッコミ入れたくなるほど、数奇な(波乱万丈、劇的、不幸な)少年時代を過ごしてきたエピソードの塊ではないか。彼の人生の目的は、ソリュウへの献身的な愛かとも思っていたが、それだけでは説明し切れない程、心情を慮ることが難しい行動の数々は、多岐に渡る行動原理(そんなものは原理とは言わんなあ)としか思えない、ような。

Nabi12

|

« アニメ感想:「輪廻のラグランジェ season2」第9話 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120907) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/55576145

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120903):

« アニメ感想:「輪廻のラグランジェ season2」第9話 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20120907) »