« アニメ映画感想:009 RE:CYBORG | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121102) »

2012年10月29日 (月)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121029)[1031訂正追加有り]

「I-ren(아이렌=アイレン)」1~3巻。아이반(ア・イパン)作。大元CI社。4巻くらいまで既刊のISSUE誌連載中作品。
山上の大邸宅にひっそりと暮らし、誰もその姿を観たことがないその館の主人が嫁選びをするという。主人の正体が不明なので色々と恐ろしい噂が立っているが、何人かの娘達が、ハッキリ言ってモノ好きにもこれに応募して、館に上って行った。ここにある両班(ヤンバン)の息子のレンは、幼なじみの少女、ファランが父親の命で、この嫁選びに参加させられるのを嫌がっているのと、自分も嫁を取らされるのが嫌で家出したついでに、女装してファランの身代わりにこの嫁選びに参加する。しかし見た目に反した持ち前の怪力と大胆さで、色々と騒動を起こしてしまった為に、この館の外見は青年の主人、キランに出会った。さらに、このキランの秘密、吸血行為を見てしまった。さては、娘達を集めて生き血を飲んでいるのか、と思わせるのだが、そうではない、遠い昔に離れ離れになった想い人が転生しても必ず会いに来る、という縁(えにし)を信じて待っているのだという。
今のところ、レンが男だということはバレていない、嫁候補達は、結構キャラが立っている能天気な連中。レンが騒動でもたついて、この館を抜け出せなかったので、一度は逃げたファランも結局、この館に連れて来られてしまう。そしてこのファランこそが、キランの想い人の生まれ変わりかも、という可能性がでてきた。嫁候補達が、なんで得体のしれない家の嫁になろうとしてきたのか、イマイチ説得力がないまま、そこだけはなし崩し的に話が進行したが、そこに目をつぶれば、なかなか楽しめる、バンパイアものの時代劇ラブコメだ。
[追加訂正]1巻を読んでから間を空け過ぎ、設定を忘れて大分間違っていた。館は5年に一度嫁選びの為に候補を集め、選ばれても、選ばれなくても、多額の持参金、謝礼金が出るが、応募したものがだれも帰ってきたことがない。ファランの家は、マニム(家の女主人)の命令で彼女をおそらく体の良い厄介払いとして嫁候補にしたらしい。レンの方は、男とは思えない美貌で事実上、金持ちの旦那の愛妾にされそうになったので家出だった。他の嫁選びの応募者は、女性二人でどちらも侍従の女を一人ずつ同行させている。レンは一人なのは言うまでもないが、ファランにも侍従は付けられていなかった。

Airen3

Airen2

Airen1

|

« アニメ映画感想:009 RE:CYBORG | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121102) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/56000207

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121029)[1031訂正追加有り]:

« アニメ映画感想:009 RE:CYBORG | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121102) »