« アニメ映画感想:「マルドゥック・スクランブル 排気」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121013) »

2012年10月11日 (木)

アニメ映画感想「アシュラ」「劇場版魔法少女まどか☆マギカ 前篇」

週末では空席がない、間に合わないので、本日午後、半日休暇をとって配偶者と新宿バルト9で続けてまとめて観た。いやあ、分かる人は分かると思うが、キツイきつい。どちらも涙流れっぱなし。つくづく人間とは業が深い生き物だと感じた。映画の内容・テーマは無論、これらの作品を作ったことも、それを観る私達も全ての行為が業、だ。
こういう作品を語らずにはいられない、描かずにはいられない、観ずにはいられない。表現が倫理・道義的に見てどうかなんてどうでもいいのだ。
どちらの映画も内容は完璧。凝った映像と条理兼ね備わった物語。何の不満もない。全然異なる作品を一緒に語ることは嫌がる人も多いだろうが、いや、これは「アシュラ」というもはや古典といってもいい作品の存在の上に、「まど☆マギ」のような最新作が位置しているのを実感した。漫画もアニメも、人として生きる意味を問い続け、最新技術のアニメが古典と最新作を同時代に共存させた。まさしく人も作品も生きている。
(以下ネタばれあり)「アシュラ」は人喰いとして生きてきた少年が、生まれた来たことを自分の言葉で呪った時、法師は、お前は苦しみを知って人らしくなったと自らの腕を斬り落として祝いの品として差し出す、しかしアシュラはこれを食うどころか受け取れないで逃げ出す、これこそアシュラが人間らしくなった証、縁あってアシュラをそこまで導くことができた法師は、それを確かめられれば自分の片腕など惜しくはない程の満足と喜びだったのだ。まさに究極の祝福だ。対して若狭は、最後の最後でアシュラを信じてやれなかったのは、あまりにも哀しい。しかし命を賭して人間としての誇りを守ったことで、結果として絶望したアシュラの心を救ったのだ。ラストの賑わう都の光景、きっとアシュラは、若狭が憧れた都へ行って、坊主になって、そこで、ひたすら仏を彫り続け己の業を背負い生き続けているのだ。
「まど☆マギ」は平日でも観客の多いのに驚いた、短期間上映とはいえ、本当に人気があるのねえ、と実感。総集編でも不足感のないメリハリの効いた展開とパワフルな映像で、少女とソウルジェムを通して人間の魂と肉の在り処を問う表現はテレビ版同様素晴らしい。特に、テレビでも映画でも同様に思ったことは「これを作った奴は絶対人間じゃない!」。
付記:「まど☆マギ」は種々論点が多い作品だと思うが、その様々な要素を取り出して、○○のパクリとかいう人の発言を見ると、古今東西の寓話のパターンを知らないだけじゃない?と思う。何でも願いがかなうということは何もかなわないことに等しい、悪魔の誘惑はどこから忍び寄るか、いかにして悪魔を出し抜いて巧い契約をするか、等々。古典を読まなくても星新一を読みましょうよ。

|

« アニメ映画感想:「マルドゥック・スクランブル 排気」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121013) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/55869231

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想「アシュラ」「劇場版魔法少女まどか☆マギカ 前篇」:

« アニメ映画感想:「マルドゥック・スクランブル 排気」 | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121013) »