« 本感想:別名S・S・ヴァン・ダイン: ファイロ・ヴァンスを創造した男(創元社) | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121020) »

2012年10月20日 (土)

アニメ映画感想「劇場版魔法少女まどか☆マギカ 後篇」

バルト9で配偶者と観た。展開は、テレビシリーズとほぼ同じ、それでも、あれだけ席が埋まるのは、それだけ完璧だということだな。実際、今回も涙流しっぱなしだった。
あえて言うなら、「少女」は無敵、不可能はない。宇宙の因果律、物理法則さえ変えてしまえる。無償の愛の奇跡を起こし得る。だから魔法少女なのだ。そしてまどかは神になった。だから、この作品は、「2001年宇宙の旅」も「デビルマン」も凌駕しているかもしれない。

|

« 本感想:別名S・S・ヴァン・ダイン: ファイロ・ヴァンスを創造した男(創元社) | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121020) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/55933771

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想「劇場版魔法少女まどか☆マギカ 後篇」:

« 本感想:別名S・S・ヴァン・ダイン: ファイロ・ヴァンスを創造した男(創元社) | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20121020) »