« アニメ感想:ドキドキプリキュア 7話 | トップページ | アニメ感想:ノイタミナより「ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ」「PSYCHO-PASS サイコパス」22話 »

2013年3月17日 (日)

アニメ映画感想:映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

3月10日に府中東宝シネマズで配偶者と観てきた。今年は、ドラ映画も、テレビの「ドキドキプリキュア」も一昨年の3.11の影響で設定を自粛気味だった昨年のシリーズ作品よりも大分練り込んだようだ。
隅々までドラえもん原作の「ひみつ道具」で画面を満たしたのは非常にうれしい設定だったが、その意図故に、他作品を想起してしまった部分はちょっと引いた。
どういう事かというと、以下ネタバレだが、博物館に隠れて、ちょいちょい備品をくすねて暮らすというのは、やはり厳密にはいけないことだし、さらにまずいことに近年ではジブリが「借り暮らしのアリエッティ」をやっちゃってるからなあ。怪盗DXもどうせなら予告状セット使えばなあ、この際、オチがばれても構わないと私は思ったが、スタッフにしてみればそうはいかなかったか?
さらに気になったのは、ポポンの設定。なんでも呑み込んでしまっておしまい、というのは納得がいかない。藤子SFらしくない。藤子SFなら、必ず代償、埋め合わせ、エネルギー保存則、因果律、何らかの「理屈」が絡んでくる筈だ。
ちなみに、ミステリの部分は、原作ホームズものの「六つのナポレオン」だな。

|

« アニメ感想:ドキドキプリキュア 7話 | トップページ | アニメ感想:ノイタミナより「ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ」「PSYCHO-PASS サイコパス」22話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/56977871

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想:映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム):

« アニメ感想:ドキドキプリキュア 7話 | トップページ | アニメ感想:ノイタミナより「ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ」「PSYCHO-PASS サイコパス」22話 »