« アニメ感想:翠星のガルガンティア 7話「兵士のさだめ」 | トップページ | アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第7回 »

2013年5月23日 (木)

韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20130523)

★「롤랑 수도원 사건 일지(ロラン修道院事件日誌)」3巻。原作이윤희(イ・ユニ)。漫画옥새롬(オク・セロム)。ソウル文化社。AR+U book。(1巻の記事2巻の記事
購入し損なっていたが去年とっくに出ていた。しかもいきなり3巻で完結してしまっていた。ポータルサイトで連載されたインターネットマンガ、韓国のいわゆるWebtoon(ウェブトゥーン※webとcartoonの合成語)だったのだが、打ち切られたらしい。死海の貴族と呼ばれる神話的キャラクターとの対決が口火を切る、これに関わる黒幕は、名門家当主で、セシリア大神官の祖父、そして天然ボケかと思われていた、この国の王子・・・と、お膳立てはそろっていたところだっただけに残念だ。巻末には、原作担当で本来ゲーム作家のイ・ユニの巻末解説が、死海の貴族の各キャラ、名門家の成り立ちについて、本編に出られなかった商会の設定まで、さすがゲームクリエイターだけに解説が盛り沢山。これだけを読んでも面白いと思っていたのだが、やはり韓国のポータルサイトの漫画読者というのは、層や嗜好が、従来の漫画やアニメ、電子ゲームのユーザーとは異なる、という事例となるのかもしれない。

Roransyuudouin3

|

« アニメ感想:翠星のガルガンティア 7話「兵士のさだめ」 | トップページ | アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第7回 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/57442506

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20130523):

« アニメ感想:翠星のガルガンティア 7話「兵士のさだめ」 | トップページ | アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第7回 »