« アニメ感想:銀河機攻隊マジェスティックプリンス #010 | トップページ | 韓国純情漫画感想:余話「なぜ韓国の少女マンガを読むのか」(20130614) »

2013年6月13日 (木)

アニメ感想:翠星のガルガンティア 10話「野望の島」

チェインバー、思ったよりタフなAIだなあ。自分で?ヒディアーズと銀河同盟の違いを定義付けしちまった。それは言いかえれば、お互いの生き方を真っ向から否定した生き方をしてきた二種類の人類を俯瞰したかのようだ。本来なら色々細部まで考察し甲斐のある作品の筈なんだが、いかんせん、尺の短さがどうにも惜しまれる。だから所々キャラの言動が不明瞭になってしまう。
[追記]チェインバーの考察の評価は一寸落ちた。あくまでレドと自分の有意性を前提とした理屈で、要は「イカ娘」と「メカフェチ」のどっちが生き残る価値があるか?ていう二者択一じゃねえか?。もっと他にも選択肢はありそうだ。

|

« アニメ感想:銀河機攻隊マジェスティックプリンス #010 | トップページ | 韓国純情漫画感想:余話「なぜ韓国の少女マンガを読むのか」(20130614) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/57584470

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:翠星のガルガンティア 10話「野望の島」:

» 翠星のガルガンティア~第10話「野望の島」 [ピンポイントplus]
 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。第10話海の上から眺めるピニオン、そこにレドをのせたチェインバーが... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 23時09分

« アニメ感想:銀河機攻隊マジェスティックプリンス #010 | トップページ | 韓国純情漫画感想:余話「なぜ韓国の少女マンガを読むのか」(20130614) »