« 「はだしのゲン閲覧制限」に関する記事に絡むコメントに | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20130828) »

2013年8月25日 (日)

アニメ感想:宇宙戦艦ヤマト2199劇場版第七章「そして艦は行く」

新宿ピカデリーで本日配偶者と観る。今回はインターネット予約も早めにした。うーん。いまどきのアニメファンは色々厳しいこと言うんだろうなあ。たしかに冒頭にお詫びテロップは出るし。とくにキャラクター動画は散々。サブエピソードや設定説明も恐らく大きく端折ってやっと格好つけた感じ。だけどおじさんから見ると、そういう事情も全部ひっくるめてオリジナルのヤマト的だと思うと微笑ましい?し、補って余りある声優陣の演技は感動的で泣かせる所では本当に泣いた。という前提で、ヤマト2199劇場版第七章感想。
直球勝負で、以来ン十年我々を呪縛し続けた(笑)「愛の力」「愛の奇跡」「愛の哀しさ」を今一度投げてきた。やっぱり、この方が私にはなじみやすい?というべきか。ハードロックはヤマトには似合わない、昭和歌謡曲か浪花節だ。
燃える要素は少なくて、愛と哀の比重が多かったが、大技としては、争点であるヤマトの波動砲は、これでガミラス本星を守るという、手段でポイントを稼ぎ、ヤマトを=コスモリバースシステムにした上で擬人化(は違うか?)、古代守にした上で、さらに今後沖田十三を生き返らす機会に備えて?バトンタッチさせる??という伏線を張ったアクロバットな締めは面白かった。さかのぼっていくが、
「雪、それは夢だ。」は「うる星B・Dの」パロディだったのかな。パロディといえば、宇宙空間に放り出された雪を古代が(ユリーシャのテレパシー・ナビか?)発見するのは「F91」のラストか?
「奇跡は起こすものだ」という真田さんの力強い台詞と処理で、雪の死と奇跡の復活をやるのもご都合主義というなかれ、よく頑張った。
デスラーのメンタリティに関しては、BDで補ってくれるかもしれないが、分からないという程でもないと思う、六章辺りから、暴君ネロのイメージから、大遠征するアレキサンダー大王の野望と若さと考えれば、納得できまいか。そういえば、母星を撃つ時の台詞は、逆襲のシャア入ってるのかな。
森雪の破壊工作?は、さすがに都合好過ぎないかと思ったがロランの見せ場は泣かせる。
愛の哀しさという点で今回のデスラーとセレステラが対になっている。セレステラが古風な?女の愛の哀しさに森雪まで巻き込み、古代進の名台詞まで森雪に持って行かせるという不意打ち付きの大立ち回り(かなり言葉の用法が違う?)。デスラーは野心も愛も成就せず。
ヒスがヒルデを守っておいしいポジションゲット。スターシャの設定踏襲に、加藤と原田もダメ押し?で、皆さんしっかりやることはやってんのねえ。逆に篠原は、メルダに、山本に後ろから前からどつかれて沈み、憐れさに笑った。
BDでは、ゲールと藪の顚末は出してやって下さいよ。水着は、ビジュアル的には大したもんじゃないけれど、やはりアイディアとしては面白いと思う。むしろ気になったのはあそこのメルダと山本。百合狙ってんのか?

|

« 「はだしのゲン閲覧制限」に関する記事に絡むコメントに | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20130828) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/58063153

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:宇宙戦艦ヤマト2199劇場版第七章「そして艦は行く」:

« 「はだしのゲン閲覧制限」に関する記事に絡むコメントに | トップページ | 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20130828) »