« アニメ感想:京騒戯画 #00「予習篇」 キルラキル第一話「あざみのごとく棘あれば」 | トップページ | アニメ感想:ドキドキ!プリキュア 35話感想 »

2013年10月 5日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131005)

「SalonH(살롱H=サロンH)」1巻、2巻同時発売。박소희(パク・ソヒ)作。発行は、VERVES(베르베스)とKDH(한국데이타하우스=韓国データハウス)の連名になっている。韓国のWEBマンガサイト「NATE漫画」に連載中の웹툰(Webtoon=ウェブトゥーン、※インターネット漫画、Web+Cartoon の合成語)。
宮(궁)」で韓国の純情漫画としては破格の大ヒットを飛ばし、日本でもコミックスが新書館より佐島顕子・訳で全巻、邦題「らぶきょん」で翻訳され、韓国でドラマ化された「宮(궁)Love in palace」もスマッシュヒットした作者の最新作。※今週、ドラマ続編「宮2」の製作も正式に発表されたらしい。
美容業界を舞台にした、才能ある美形の美容師青年の修行と成長を中心とした人間模様をコメディータッチで描いた日本でもおなじみの専門職ものマンガ。
髪質、ヘアースタイル、美容道具を巡るウンチクや、髪形を通したお客と美容師の人間模様、狂言回し的小道具として、髪切り用ハサミの伝説の名品(王様担当の理容官が下野する際に、その功績をたたえて王自ら下賜され、以来代々、卓越した理容師にのみ伝授された)を添えて、楽しませてくれる。

Salonh2

|

« アニメ感想:京騒戯画 #00「予習篇」 キルラキル第一話「あざみのごとく棘あれば」 | トップページ | アニメ感想:ドキドキ!プリキュア 35話感想 »

パク・ソヒ 宮 らぶきょん」カテゴリの記事

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/58326920

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131005):

« アニメ感想:京騒戯画 #00「予習篇」 キルラキル第一話「あざみのごとく棘あれば」 | トップページ | アニメ感想:ドキドキ!プリキュア 35話感想 »