« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131026) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131101) »

2013年10月27日 (日)

アニメ映画感想:劇場版魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語[追記あり]

今回は、上映館数の拡大?のおかげで新宿ピカデリーで配偶者と観られた。しかしあそこは人が増えると構造上、本当に入退場が不便(以下ネタバレ)
今回の「まどマギ」は、ほむらの閉鎖的な愛の物語。話は、人間は愛の奴隷だと言えるし、愛という武器で人は神にも悪魔にもなるという究極の愛で攻めた?。そういう点では個人的にはとても共感出来る展開だ。しかしまたあらためて人間の業の深さ、哀しさを思う。
「円環の理」という世界を作り出したまどかを研究すべく、世界でただ一人まどかの記憶を残されたほむらをインキュベーターが隔離し、閉ざされた自分の世界にこもったほむらの中の世界の物語。この偽りの世界は誰の世界か探るうち、ほむら自身が魔女になって作っていた世界と気付く。そんな自分を滅しようとしたほむらを迎えにきた本来の「円環の理」のまどか達。その時、ほむらも知らなかった?ほむらが目覚めた。ほむらは愛の怪物になっていた。そしてまどかの「円環の理」の一部を奪い取り、自分だけのまどかの存在する世界を作りあげた。しかし、映されたまどかは、ほむらが油断すれば本来の自分の記憶を取り戻しそうになり、いずれ、ほむらと対峙することを暗示して終わった。ストーリーだけ追えば、既存の名作がいくつか浮かぶが、「まどマギ」は、超現実的な背景、実験映像のようなアクションシーンで圧倒し、他の同様な作品を凡庸なものに見せてしまう。
[追記その1]これは、極めて真っ当な愛の物語「宇宙戦艦ヤマト2199」を堪能してすがすがしい気分になった後で観るからなおさらいいのだ(笑)。基本的に私は、「愛する」ことと「人間らしさ」と「愚かである」ことは等価値だ、愛と憎悪は紙一重だ、と思っているから。ほむらのドロドロな濃い色の血のような愛が共感できて、かつバランスが取れた(笑)。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131026) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131101) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/58464933

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想:劇場版魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語[追記あり]:

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131026) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131101) »