« アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第16回 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131105) »

2013年11月 4日 (月)

弥生美術館で「松本かつぢ」展を観た(20131104)

配偶者と観てきた。特におもしろかったのは、松本かつぢが他の抒情画家と異なり漫画家たりえたのは、「キャラの描き分け」ができたことだ。他の画家は、みんな顔が同じになるが、松本かつぢの絵がキャラクターたりえたのは、デフォルメ、個性豊かに人物を描き分けられていた点だ。そしてストーリー漫画家として、大胆な構図、コマ構成を昭和ひとけた時代に表現していた。さらに少女マンガ文化は既にその時代(昭和ひとけた)活況を呈していたという指摘だった。

|

« アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第16回 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131105) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/58515706

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生美術館で「松本かつぢ」展を観た(20131104):

« アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第16回 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131105) »