« アニメ映画感想:劇場版魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語[追記あり] | トップページ | アニメ感想:ノイタミナ「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」第四話 »

2013年11月 1日 (金)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131101)

「네가 있던 미래에선(君がいた未来では)」3巻。이시영(イ・シヨン)。大元CI社。2巻の記事はこちら
前巻まででSF設定の大ネタを済ました(笑)か?。ここから、細かい話というか、わがままなおぼっちゃま貴族トビアスと専属医療員レンズマン(※前回までの「レンズメン」表記を訂正)A.27とトビアスの世話係アンドロイドのダンテさんのBL風(笑)トリオ漫才?とでもいう展開になった。
前巻で、A.27が発見したトビアスの虫歯を治療する。なだめたり脅したり、とまさに子供の虫歯治療のエピソードそのもの。
なんとか、これを済ましたが、面白くないトビアスが、A.27を「モノクル」と呼んで挑発。これにA.27は余裕で、「それはあなた達貴族をスノッブと呼ぶようななものです。スノッブとは俗物のことです。贅沢と享楽を追求し、教養もなく・・・」と徹底的に挑発。
相当ムカついたトビアスは、その場はすんだが、場面が変わるとあらためて、「モノクル」を呼称に決定。ダンテさんも「モノクルさん」と呼びだす。それでも収まらないトビアスは「レンズマンは、モノクルを外すと死ぬって本当か?」と。A.27は「そんなことはないですが、死ぬより嫌なこともある」と語り、却って好奇心をそそってしまった。
先ずは、このモノクルにつながるコードを引き抜こうとした。このコードは、電脳SFでよく見られるようにコードの先が首の後ろに接続されている。A.27の話では、ハッキング不可能で無限大に伸縮する。そこで次には、モノクルその物をA.27からひきはがした。
かなり出血して、さすがにトビアス(と多分、私達読者)も引いたが、A.27は平静で、血を拭ってモノクルを再び装着して後は何ともない。
実は、この間A.27自身は、自分の過去を(実時間では一瞬に)幻視していた。
レンズマンとしての訓練生時代、誰でも、モノクルを装着し、患者の臨終を冷静かつ親身にみとるようになるための、詳細は明らかにされないが「ドラッグ」を分泌されたような(あるいは本当に薬を注入されているのか?)疑似的苦痛状態を経験する精神訓練。正式にレンズマンになると、今度はモノクルを外せば人生の「黄金期」を夢に見ると告げられていた。
今、その夢をみた、火星出身の下層階級として蔑視されていたA.27は、オレの人生の黄金期は、あのレンズマンとしての訓練生時代だったのかと、複雑な思いを噛みしめていた。

Kimigaitamiraideha3

|

« アニメ映画感想:劇場版魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語[追記あり] | トップページ | アニメ感想:ノイタミナ「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」第四話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/58495836

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131101):

« アニメ映画感想:劇場版魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語[追記あり] | トップページ | アニメ感想:ノイタミナ「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」第四話 »