« 弥生美術館で「松本かつぢ」展を観た(20131104) | トップページ | アニメ感想:ノイタミナ「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」第五話 »

2013年11月 5日 (火)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131105)

「뽕짝스타(ポンチャックスター)」2巻。김명미(キム・ミョンミ)作。ソウル文化社。1巻の記事はこちら
第1巻で社長が何故、トロット(朝鮮歌謡曲)をやろうと思いついたのか、何故、新曲作成の依頼を正体不明の現代トロットの大ヒットメーカーであるミュージシャンにマネージャーを通じて交渉したのか、その理由が判明。社長の高校生になる一人娘のもう一つの顔が、そのトロットの天才ミュージシャンであり、マネージャーが社長の弟だからだ。
で、社長としては身内の情にすがろうとしたのだが、娘としては、当のメンバーの男子達が、一人を除いてトロットには全くの素人で、トロットを歌う資質もやる気もまるっきりないのを見てるので、歌を作ってやる気に全然なれない。
メンバーはいまだ、社長の娘の正体を知らないが、とにかく曲を作ってもらうためには相応の実力をみにつけなければならない、という訳でトロット専門のボイストレーナーを探す・・・。
表紙カバー帯のあおり文句を読むと早くもドラマ化権が売れたらしい。

Ponchakustar2

|

« 弥生美術館で「松本かつぢ」展を観た(20131104) | トップページ | アニメ感想:ノイタミナ「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」第五話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/58519609

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20131105):

« 弥生美術館で「松本かつぢ」展を観た(20131104) | トップページ | アニメ感想:ノイタミナ「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」第五話 »