« アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第22回 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:余話「漫画研究書2冊」(20131218) »

2013年12月15日 (日)

アニメ映画感想:かぐや姫の物語(20131215)

本日、TOHO府中シネマで配偶者と観た。いやあ予想と驚くほど違っていた。もっと退屈するかと思っていたから(笑)。実験映像的だが、2時間を超える長尺を全く眠気しなかったから。むしろ、あの場面、この場面、どう描くのか、次はどう出る?と何を見せられるかの期待で引っ張られた、ということで私にとっては、立派な娯楽作品だった。※「となりの山田くん」は、退屈で未だに最後まで観たことない私である。
※慌てて今、「新潮日本古典集成」第二十六回配本「竹取物語」を読んで勉強しているところだ。
[20131216追記]確実に元を取る気はないし、赤字覚悟で構わない、というつもりで作ったのだろうから、「これは売れる、売れない」をどうこう言うのは野暮ってもんだし、子供が退屈したか、しないか言うのも(笑)、子供を出汁にするな、だ。自分の感想を言わないで威張ってる奴がネットには多いね。さらに普段は思想的に深い作品には「何が言いたいか分からない」というくせに、分かりやすけりゃ(当作のこと)「古臭い、左翼思想」とか言い捨てる困ったチャンもいる。

|

« アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第22回 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:余話「漫画研究書2冊」(20131218) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/58762925

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想:かぐや姫の物語(20131215):

« アニメ感想:革命機ヴァルヴレイヴ 第22回 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:余話「漫画研究書2冊」(20131218) »