« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140303) | トップページ | ドラマ感想:なぞの転校生 9話 »

2014年3月 8日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140308)

「캄신(Khamsin = カムシン)」3巻。조미현(チョ・ミヒョン)作。ソウル文化社。2巻の感想はここ。アラブの某国の若き国王は、書記官長である若い金髪の男テオ・サマトを重用し、大国との戦に備えて秘かに砂漠に建築中の砦の進捗管理も任せている。王がテオに執着する理由の一つは、彼の才覚は勿論だが、数年前自分に刃を向けて、逃亡したカムシン(=砂漠に吹く季節風を指すらしい)と名乗った金髪白人奴隷にテオがウリ二つだからでもある。この暗殺者に王は、一目で魅せられてしまっていたのだ。テオは、まさにその暗殺者なのだが、今は王の忠実な家来として活動しているのは、どうやらさらに大きな復讐の機会を狙っている為らしい。しかし、徐々に王に対する気持ちが動いているのも明らかだ。
一方、テオの台頭に危機感を感じる重臣達は彼の失脚を当然狙っている。中でもハレムを仕切る侍従長は、王の正妃の兄でもあるので、暗躍している。そして遂に、昔のテオそっくりな金髪白人奴隷を手に入れた。美形で相手が男女に構わず魅了する手管に秀でているので、王に、あの暗殺者を遂に拘束したと告げて差し出した。王はハレムそっちのけで彼を寵愛する。さて?というところで続く。ストーリーはまあまあだが、テクニックはまだまだ未熟。これからの期待値で読み続けている(笑)。

Kamusin3


|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140303) | トップページ | ドラマ感想:なぞの転校生 9話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/59257013

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140308):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140303) | トップページ | ドラマ感想:なぞの転校生 9話 »