« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140321) | トップページ | ドラマ感想:なぞの転校生 11話 »

2014年3月21日 (金)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140321-その2)

「恋慕(연모)」9巻(大元CI)。イ・ソヨン(이소영)。8巻の記事はここ
※どうやら、この漫画のドラマ化権が売れたらしい。本の帯に「ドラマ化決定」とある。ハリウッド映画と同じで、ここから先、実現するかどうかはまた別の話だが期待しよう。
常軌を逸脱した王子、チャンウォン(창원)君の次なる暴挙は、チョン・ミス(정미수)の母親の寝込みを襲い、その髪の毛をぶった切ることだった。所謂、髪は女の命、それだけでも元々病床にあった彼女にはショックが大きく、ほどなく亡くなってしまった。喪に服しているチョン・ミスを慰める為に、国王フィ(휘)は尚宮の用意した女官の服を着て「女装」して宮中を抜け出した。そしてミスに会い、戻る途中でチョン・ミスの周囲を警戒していた重臣ハン・ミョンヘ(한명회)の配下達が、この不審な籠と女官の一行を拉致しようとしたが、さらにこれを警戒して張り込んでいたチャウルサン君一行に助けられる。
だが、この王の一連の行動に王妃ノ・イヨン(노이영)が気づいてしまい、王は「男色」であると確信してしまう。一方、チャウルサン君は、遂に兄、ウォルサン(월산)君に、兄上が王位に就くことに協力する旨を告げる。但し、現国王を廃位するのではなく、上王にすることを条件として。上王とは生前に国王が譲位することであり、これが、チャウルサン君の考え出した「王(フィ)を守る為」の最善の方策なのだ(※王が女であることが露見する前に譲位させれば、あとはごまかせる、という読みだ。これで、読者には、チャウルサン君が、フィとチョン・ミスの味方であることははっきりした)。
しかし、事態は風雲急を告げたか?ハン・ミョンヘは、チョン・ミスと国王の医官を拘束し、直接追及して、医官が自分を裏切りウォルサン君に内通していることを白状させようとする。これに恐怖した医官は、自分のとっておきの秘密を暴露する、王の脈(漢方医術の脈)は、男のものではない、女の脈だ、と。この発言で、本来、ハン・ミョンヘがチョン・ミスを拘束したのは、王の強力な護衛であり、王命で自分の事、先代王の死を嗅ぎまわる密偵であり、王との男色の噂もある彼を始末しようとの狙いだったが、さらに、ややこしくなった。事の一切をチョン・ミスに問いたださねばならなくなった、というところで続く。

Renbo9

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140321) | トップページ | ドラマ感想:なぞの転校生 11話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/59332369

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140321-その2):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140321) | トップページ | ドラマ感想:なぞの転校生 11話 »