« アニメ感想:「スペース☆ダンディ 11話」「ノブナガ・ザ・フール 11話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140327) »

2014年3月27日 (木)

NHK人形劇シャーロックホームズ感想(20140325~27)

三谷幸喜が仕掛けてきたな、というのが第一印象。前の三銃士も面白かった(そういえば、今回は教育テレビでないのが意外だ)が、原作「ホームズ」は、私にとっても、シャーロッキアンには及ばずとも大事な作品。厳しい目で臨んでやる、と意気込んでみたが、3日連続で、楽しかった。原作の主要な登場人物が、みんな学校を構成する人々という脚色は笑える。8月にまたやって、ここまでがプレイベントか?、秋から本格的なシリーズ放送らしいがなかなか楽しみだ。確かに原作のパーツを細かく組み直している。声優はと言えば第3夜は、校長先生が中村梅雀で、アドラー(保健室の先生という設定は笑った)が宮沢りえだったのかな(確証はないが、そうでなかったらキャスティングが間違っていると断言するね笑)。山ちゃんが、原作版のホームズ役というなら意外性はないが、今更?少年役というのは意外性十分で、その演技も意表を突かれるに十二分。

|

« アニメ感想:「スペース☆ダンディ 11話」「ノブナガ・ザ・フール 11話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140327) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK人形劇シャーロックホームズ感想(20140325~27):

« アニメ感想:「スペース☆ダンディ 11話」「ノブナガ・ザ・フール 11話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140327) »