« アニメ感想:「ハビネスチャージプリキュア 6話」「世界征服~謀略のズヴィズダー 8話」 | トップページ | 本感想:石を抱くエイリアン(濱野京子・作。米田絵理・装画。中嶋香織・装丁)偕成社。 »

2014年3月 9日 (日)

アニメ映画感想:新のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊

封切り二日目、東宝シネマ府中で配偶者と観る。さすがに府中と言えど二日目、大きめのスクリーンにほぼ満席。映画予告編では、何度目かのハリウッドスパイダーマンのリメイク、ロビーにもロボコップのリメイク版封切りのお知らせ。そして今回は、映画ドラえもんのリメイク。1982年以来か。その年月に驚くべきことだけれど、予想外に忠実にリメイクした感じ。挿入歌を入れるタイミングまで同じだったが、木村昴が歌っていたのは驚いた。私は、当時から原作をいまひとつ好きではなかったのだが、今回の映画の方はけっこう楽しめた。細かいギャグもよく入っていたし、巨神像をCGで動かすとやはり迫力があって、映画「大魔神」のようだった。ペコ=クンタックを王子を演じた小林ゆうの演技と中性的な声はいいねえ。
※昔、オリジナル公開時は、新宿のコマ劇場とかで観ると、館内に甘ったるい、スナックの香りが充満し、床はこぼれたジュースでベトベトが当たり前だった。シネコンの普及で映画を観る環境が大きく変わった。※しかし、普段は栄養がどうとか衛生環境がどうとか言っているパパ・ママが、あのでかいポップコーンとジュースをわざわざ買って乗り込むのは、分からねえなあ。

|

« アニメ感想:「ハビネスチャージプリキュア 6話」「世界征服~謀略のズヴィズダー 8話」 | トップページ | 本感想:石を抱くエイリアン(濱野京子・作。米田絵理・装画。中嶋香織・装丁)偕成社。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/59264065

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想:新のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊:

« アニメ感想:「ハビネスチャージプリキュア 6話」「世界征服~謀略のズヴィズダー 8話」 | トップページ | 本感想:石を抱くエイリアン(濱野京子・作。米田絵理・装画。中嶋香織・装丁)偕成社。 »