« 吉田とし という児童・青春小説家がいた。その14胸の痛くなるような思い出 | トップページ | アニメ感想:「ノブナガ・ザ・フール 17話」「キャプテン・アース 5話」「selector infected WIXOSS(ウィクロス)5話」 »

2014年5月 6日 (火)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:余話「甲乙問題と純情漫画」(20140506)

「nocturne(ノクターン)」第8巻 の中でユーリとトウクの対話に、「甲乙問題」の言葉を男女関係に例えた場面があったのだが、本筋と関係ないので参照しなかった。しかし一年前に日経ビジネスオンラインの記事を読み、最近こちらのサイトでまたこの用語について読んだ。という訳で(どんな訳だ?)この部分を訳してみよう。
※少女ユーリの友達ポム少年の高校の先生がポムの母親にプロポーズし、母親はポムが卒業するまで考える、と回答を保留した、という話題で、では以下無謀にも私訳を試みる。
ユーリ「ポムが言うには、あれは先生が甲で、おばさんとポムが乙だから、おばさんがそんな返事をしたっていうのよ」
トウク「ポムがそんなことを言ったのか、あいつは子供のくせに何を見て育ったんだ」
ユーリ「甲と乙が何なの。ポムが言うには、ある一組の関係で、強い方が甲で、弱い方が乙だっていうのよ。今、流行りだって。何故先生が強い方なの。ポムはあっちが色々決定権を握っていると思っているみたいなの。それに何故、卒業後なの。卒業したら甲乙関係が変わるの?。」
トウク「そうだなあ。より好きな方が乙になりがちかな。」
ユーリ「おじさんと私は、どっちが甲でどっちが乙なの?」
トウク「俺は、先ず、関係をそんな風に区分するのは好きじゃない」

Nocturn8

|

« 吉田とし という児童・青春小説家がいた。その14胸の痛くなるような思い出 | トップページ | アニメ感想:「ノブナガ・ザ・フール 17話」「キャプテン・アース 5話」「selector infected WIXOSS(ウィクロス)5話」 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/59591897

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:余話「甲乙問題と純情漫画」(20140506):

« 吉田とし という児童・青春小説家がいた。その14胸の痛くなるような思い出 | トップページ | アニメ感想:「ノブナガ・ザ・フール 17話」「キャプテン・アース 5話」「selector infected WIXOSS(ウィクロス)5話」 »