« アニメ感想:「キャプテンアース 16話」「白銀のアルジェヴォルン 3話」 | トップページ | アニメ感想:残響のテロル 第3回 »

2014年7月22日 (火)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140722)

「더 콩쿠르 the concours (ザ・コンクール)」1巻。정설화(チョン・ソルファ)作。ソウル文化社。
フランス仕込み、「CIRQUE 시르크(シルク)」でデビューした期待の新鋭の新作。今度はモノクロで現代韓国を舞台にしたバイオリンに賭けた青春もの。
大柄でバスケット好きな高校生안호경(アン・ホギョン)は、子供用のバイオリンをずっと身近に置いていた。しかしバイオリン演奏に打ち込んでいる訳ではない。幼い頃、バイオリンの英才教育を受け、今に至るまでバイオリンに打ち込んでいる親友、성의주(ソン・ウィジュ)に「お古」を貰ったものだ。これが壊れてしまった。ウィジュは、新しいのを買って使えと勧めるのだが、ホギョンは弾く訳でもない、オレはこれがいいんだ、と、バイオリン制作・修理工房を紹介してもらう。
その工房の主人の女弟子、이향이(イ・ヒャンギ)は、ホギョンに、一曲弾かせ、その才能を見抜き、いかなる事情で、ちゃんとバイオリンを修行しないのか好奇心に駆られ、彼に付きまとい説き伏せてコンクールに出場させる。
※今のところ、断片的なホギョンの回想描写だけだが、やはり幼い頃、彼の演奏を大物バイオリニストに絶賛された時の、ウィジュの何とも複雑な表情が忘れられず、バイオリンをやめてしまったらしい。これから、天才のホギョン、努力一筋のウィジュのライバル関係が始まることを予感させつつ、続く。今作は前作のようなエキゾチックさは当然、薄まっているが、輪郭に太め、強めの変化に富んだ線と、目の形に独特な印象を残している。今後も個性的なタッチを期待したい。

Concours1

|

« アニメ感想:「キャプテンアース 16話」「白銀のアルジェヴォルン 3話」 | トップページ | アニメ感想:残響のテロル 第3回 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60027725

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140722):

« アニメ感想:「キャプテンアース 16話」「白銀のアルジェヴォルン 3話」 | トップページ | アニメ感想:残響のテロル 第3回 »