« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140901) | トップページ | アニメ感想:「キャプテンアース 22話」「白銀のアルジェヴォルン 9話」 »

2014年9月 1日 (月)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140901)

「신데렐라 쇼퍼(シンデレラ・ショッパー)」1巻。大元CI社。마루(マル)原作。이상은(イ・サングン)作画。
例によって私はインターネット漫画に明るくないが、単行本の帯によると「カカオ・トーク」に毎週土曜日連載中とある。「カカオトーク」については詳しい人も多いだろうから知ったかぶりはやめておこう。私にとっては「이왕이면  다홍(どうせならタホン(深紅))」を連載中のイ・サングンの新作だ。
23歳の女性、송은성(ソン・ウンソン)が高級デパート、グローリア百貨店のパーソナル・ショッパー目指して奮闘する、日本で言うところのサラリーマンもの、新米OL奮闘もの、韓国で言うところの職場人漫画、といったジャンルのドタバタ青春コメディーだ。
※パーソナル・ショッパー。これまたこの漫画を読むまで私は全然知らなかったマーケティング用語だ。これも検索すればすぐ参照できるし、周知の方々もいるだろうから私の知ったかぶりはやめておく。
特徴としては、このウンソン嬢。過去一年間、グローリア百貨店のパーソナルショッパーの入社面接のために、相当な研鑽を積んできたという設定で、また相応の実力も才能もあることをうかがわせる描写がサクサクと続くのだが、そもそもドラマの冒頭、面接当日の朝、出会い頭にトラブった若い男性に、腹を立ててとんでもない仕返しをしてしまう。この手のコメディーのお約束で、その男性こそ、グローリア百貨店최진혁(チェ・チニョク)本部長だったのだ。しかも彼は会長の御曹司でもある、というわけで、二人の因縁に加え、社内の派閥争いにも巻き込まれ、ウンソンの七転八倒が始まった。とまあ文字通り絵に描いたような(笑)韓流コメディーにありそうな話だが、今後どんな展開を見せてくれるのか期待したい。
Cinderellashopper1


|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140901) | トップページ | アニメ感想:「キャプテンアース 22話」「白銀のアルジェヴォルン 9話」 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60234754

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140901):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140901) | トップページ | アニメ感想:「キャプテンアース 22話」「白銀のアルジェヴォルン 9話」 »