« アニメ感想:「残響のテロル 10話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140923) »

2014年9月21日 (日)

アニメ感想:「アルドノア・ゼロ 12話」「ハピネスチャージプリキュア 33話」

「アルドノア・ゼロ」なんちゅう最終回じゃ。ザルツバーグのスーパーロボットの登場、というか見得切りの仰々しさに比べて、イナホのリアルロボ?にしてやられるあっけなさの落差。そしてラストのあっけない殺し合い。やはり虚淵は人間じゃねえ。しかしこれでスレイン君の株急落というのはあまりに可哀そうだ。イナホは彼を躊躇なく撃墜したし、やっと追い付いた?お姫様は、イナホさんイナホさんってあんまりだわな。さらにイナホはまたスレイン君に銃を向けたし、彼がイナホをぶっ殺す理由としては、ここまで十分過ぎるだろう。今後は、ザルツバーグは急所外れたようだから半身不随で生きてるかもしれないし、姫様行方不明ってのもスレイン君が運び出した臭いし、イナホもサイボーグになっても生きてそうだし、あるいは元々、サイボーグかアンドロイド手術でサヴァン症候群になったって、当たらない予想をしておこう。
アタシとしては、1月からはイナホ抜きで、スレイン君がメインの話になって欲しいと思うんだが。イナホが出てくるとホントに他にまともに、モノ考えてる人がいないように見えてしょうが無かったから。
「ハピネスチャージプリキュア」キュアミューズか。めぐみのイノセントは最後までお預けのようだな。プリキュアのキャリア順か。ゲストキャラの「深大寺」ってどういうことだろう。東京都調布市内の観光スポットの一つで近年では「ゲゲゲの女房」で有名になった所だ。

|

« アニメ感想:「残響のテロル 10話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140923) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60351446

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:「アルドノア・ゼロ 12話」「ハピネスチャージプリキュア 33話」:

« アニメ感想:「残響のテロル 10話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:最近読んだ原書あれこれ(20140923) »