« アニメ感想:ハピネスチャージプリキュア 34話 | トップページ | ドラマ感想:デビッド・スーシェ版「名探偵ポアロ」最終回目前 »

2014年9月29日 (月)

私達には戦後69年史が必要ではないのか

あの戦争を忘却どころか、戦後69年、つい自分達が生きてきて分かっているつもりでいたが、それさえも忘却、というより私達は次世代に伝えることすら怠っていたのではないか。
組合の激しい労使紛争がなければ労働環境は改善されなかっただろう。けっして高度経済成長のおかげだけでないことは経験者なら憶えがあるだろう。
公害闘争がなければ日本の自然環境はおろか、生活環境、大気汚染すら改善されなかっただろう。公務執行妨害で逮捕された善良な国民は犯罪者とされても社会は犠牲者として理解を示していた。
在日朝鮮韓国人の通名が今日に至るまで現存するのは、私達の日常、学校、職場・・・社会生活に、差別行為が今よりずっと露骨に行われていたからだし、
架空名義口座を開いて詐欺行為を働くのは今よりずっと簡単だったから(昔の社会派推理小説には当り前のように出てくる)、ルールが厳しくなったのであり、知能犯罪に偽名を使うのは当り前で、通名とは直接関係がないのは、自明のことだった。というかそんなこと話題にもならなかった。
そういう「経験」と「回想」は戦後世代に枚挙にいとまがないだろう。それが伝えられていないインターネット世代には、杓子定規な記録とその「解釈」があるだけで、そこには共感、同情、理解が欠けている。
インターネット世代の無知を嘆いたり、叱責、嘲笑するだけではいけない。私達は彼等にちゃんと自分の69年もの長い戦後体験を伝えていなかったのではないか。

|

« アニメ感想:ハピネスチャージプリキュア 34話 | トップページ | ドラマ感想:デビッド・スーシェ版「名探偵ポアロ」最終回目前 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60396554

この記事へのトラックバック一覧です: 私達には戦後69年史が必要ではないのか:

« アニメ感想:ハピネスチャージプリキュア 34話 | トップページ | ドラマ感想:デビッド・スーシェ版「名探偵ポアロ」最終回目前 »