« ツイッターより(20141103) | トップページ | アニメ感想:PSYCHO-PASS2 第5話 »

2014年11月 7日 (金)

韓国の漫画 韓国純情漫画感想:韓国の漫画家のポートレートとインタビュー誌を買った(20141107)

Managa

題して「MANAGA」。
サイトは、こちら。発行した出版社は、거북이북스(=日本語なら亀ブックス=発音はゴブギブックス)。私の知るところでは、ハン・ヘヨンの作品集とか「미스터 김치(ミスター・キムチ)」を出している。他にもインディーズ系漫画、学習漫画など、色々な個性派漫画を企画している。さらに한국만화영상진흥원(韓国漫画映像振興院)が協賛しているようだ。
巻頭の言葉を私なりに訳してみる。
『多過ぎたり、足りなかったり(=帯に短し、たすきに長し)。MANAGAは漫画家達の創造的な時間と空間そして日常と作品を共有する。
創刊号では“多過ぎたり、足りなかったり”というトピックも共有しながら、漫画家達の想いを楽しく聞いてみる』
とあるから、グラフィックマガジンとかムック本の体裁で、継続的に発行していこうという意図らしい。
「MANAGA」とは、「漫画家」のハングル表記「만화가」の発音のアルファベット表記だ。日本語発音なら「マナガ」ね。
私の馴染み(?)の作家では、韓国純情漫画家、日本でも「らぶきょん」(新書館発行)というタイトルで代表作「宮(궁)」が翻訳されたパク・ソヒ(박소희)が登場していた。
他にも名を見れば知る人ぞ知る、インターネット漫画、インディーズ系、アート系、風刺、エッセイ、など多様なジャンルの個性派漫画家達が勢揃いだ(但し、私自身パク・ソヒしか知らないので個々人に言及するのはやめておく)。誌面自体、ポートレート写真集の体裁はカッコいいし、英語と韓国語の併記もいいのだが、その活字が極めて小さくて読むにも眺めるにも(笑)苦労する。ともかく、シリーズ刊行が無事続くことを期待する。

|

« ツイッターより(20141103) | トップページ | アニメ感想:PSYCHO-PASS2 第5話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60614141

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画感想:韓国の漫画家のポートレートとインタビュー誌を買った(20141107):

« ツイッターより(20141103) | トップページ | アニメ感想:PSYCHO-PASS2 第5話 »