« アニメ感想:ハピネスチャージプリキュア 43話 | トップページ | NHK人形劇シャーロックホームズ感想「愉快な四人組の冒険 後編」 »

2014年12月 7日 (日)

アニメ映画感想:宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟(20141207)

今回は新宿ピカデリーではなく、東宝シネマ府中でも公開されていたので、配偶者と本日そっちで見た。その分?ゆったりと観られたが、新宿ピカデリー館内のヤマト世代のおじさんおばさんのヤマト臭がしなかったのが物足りなかったが(笑)。それに言っても仕方がないが原作に「松本零士」と「豊田有恒」のクレジットが出ないのはやはり寂しい。以下ネタばれあり。

さて、今回は「さらば」のリメイクではなくて、地球へ帰還目前の外伝だった。SF的アイディアでは冒頭の浮遊惑星カッパドギア(なんちゅうネーミング?)のエネルギー吸収宇宙生物メデューラ(クラゲだね)に、惑星シャンブロウ(知る人ぞ知る古典SFからのネーミングだ)内での、再びテレパシーとオーバーテクノロジーを駆使する種族の生き残りとの幻影を巡る知恵比べメインで、スタートレックの一篇を観るような感じと新人キャラ桐生美影メインの話であり、ガトランティス人のお披露目的戦闘であり(白色彗星帝国はお預け)、ドメル配下の生き残りバーガーと古代進の和解と共同戦であり、その古代は見事にヤマト指揮官に成長篇であり、「さらば」の空間騎兵隊お披露目であり、と盛りだくさんで、まとまりを欠くようだが飽きさせなかった。しかし、登場した敵役のガトランティス人はまるでクリンゴン人だったね、バーバリアンだよ、音楽まで太鼓だったし。ゲストキャラでは、ガミラスのネレディア・リッケが個人的には一番好み。最後に姿を現す惑星シャンブロウの正体のビジュアルは圧巻。鑑賞後に配偶者が言っていたが、バーガー達には「大和」の外観はどう見えていたのだろう?。

|

« アニメ感想:ハピネスチャージプリキュア 43話 | トップページ | NHK人形劇シャーロックホームズ感想「愉快な四人組の冒険 後編」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60776200

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想:宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟(20141207):

« アニメ感想:ハピネスチャージプリキュア 43話 | トップページ | NHK人形劇シャーロックホームズ感想「愉快な四人組の冒険 後編」 »