« アニメ感想:selector spread WIXOSS(ウィクロス)12話 | トップページ | アニメ感想:山賊の娘ローニャ 第13話 »

2014年12月24日 (水)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20141224)

Yoruwokakerusonbi9_2

「밤을 걷는 선비」(夜を駆けるソンビ)」9巻(ソウル文化社)。原作조주희(チョ・ジュイ)。作画担当は한승희(ハン・スンヒ)。8巻の記事はこちら
女性の姿になって、ソンビ(どこまでも断わっておくがゾンビではない、日本では士大夫ともいう、在野の地主で教養人、人格者でもある名士とか名家の旦那)=김성열(キム・ソンヨル)と心を通い合わせるヒロインの양성(ヤンソン)だが、キム・ソンヨルは、清国に向かう商人の一行に加わって、国外へ逃げるように促す。後からきっと追いかける、とヨンソルは約束する。清国で自分は一度死んだ。その原因について決着をつけると。確かにキム・ヨンシルがその気になれば、嗅覚でも何でも超絶的な能力を発揮してヤンソンに追いつくことは十分可能なのだが。
ここで、謎の春画師が久し振りに登場、何故か陰からヤンソンの旅路の邪魔をし、不審を察したヤンソンがキム・ヨンシルの屋敷に引き返すように仕向けた。この男の正体と真意は未だ不明だ。
一方でキム・ヨンシルの存在をつきとめた朝鮮王朝派遣の虎狩り隊と清国の天主教(中国のカトリック)会から派遣された自らもバンパイアであるパンパイアハンター一行も、彼の屋敷へ向かう。
そして、キム・ヨンシルの屋敷に、ヤンソンとハンター達が一堂に会し、遂にバンパイア同士の壮絶なバトルが始まった。キム・ヨンシルは手強いが、ここでハンターがヤンソンを人質にとり、自ら陽に当たって、死ねと命じる。さあ、どうする、というところで続く。※韓国では、ドラマ化の詳細発表はまだか?

|

« アニメ感想:selector spread WIXOSS(ウィクロス)12話 | トップページ | アニメ感想:山賊の娘ローニャ 第13話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60859996

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20141224):

« アニメ感想:selector spread WIXOSS(ウィクロス)12話 | トップページ | アニメ感想:山賊の娘ローニャ 第13話 »