« 私はビッグイシュー販売者との間に距離を感じたことはない、それは何故か。 | トップページ | NHK人形劇シャーロック・ホームズ 「バスカーヴィル君と犬の冒険」後篇感想 »

2015年1月18日 (日)

アニメ感想:純潔のマリア 第一話

石川雅之の原作は連載中からずっと読んでいたが、「プラネテス」も原作通りでもない傑作を生み出した谷口悟朗に、倉田英之まで入ったら、期待せずにはいられない。第一話は、原作の構成を早くも入れ替えてきたし、日本のアニメや漫画の得意なウンチクも矢継ぎ早に入ってきている。これは確かに知的エンターテインメントだ。それにこの齢になると、戦嫌いが戦を本気で止めようとする設定と神との対立に涙が出るほど胸が痛む。

|

« 私はビッグイシュー販売者との間に距離を感じたことはない、それは何故か。 | トップページ | NHK人形劇シャーロック・ホームズ 「バスカーヴィル君と犬の冒険」後篇感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/60992214

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:純潔のマリア 第一話:

« 私はビッグイシュー販売者との間に距離を感じたことはない、それは何故か。 | トップページ | NHK人形劇シャーロック・ホームズ 「バスカーヴィル君と犬の冒険」後篇感想 »