« 私が一番印象に残っている過去の曽野綾子批判 | トップページ | アニメ感想:純潔のマリア 第六話 ユリ熊嵐 第7回 山賊の娘ローニャ 第21話 »

2015年2月19日 (木)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150219)

Ponchakustar7

「뽕짝스타(ポンチャックスター)」7巻。김명미(キム・ミョンミ)作。ソウル文化社。6巻の記事はこちら。前巻のゲリラライブが当然、女子高校生達にネット配信され、お約束で一気に広まり、評判となり「東方礼儀の国」は一夜にして大評判、売れっ子アイドルになってしまった(笑)こうなると忙しくてそれまでの軋轢はうやむやに、だれも文句を言うものもなし。
そして、新展開は、個々のメンバーの事情に移る。社長[20150719追記=장도원=チャン・ドウォン]の娘(名前は바하=パハ)にして謎のトロットのヒットメーカーは、メンバの一人(=元々女にもてる遊び好き)に恋していたので、告白するが、あっさり振られる。その謎のトロットのヒットメーカーの正体を探っていた大スターは、その過程でやはりメンバーの一人(ガタイがいいがアイドルを目指しているとは思えない、表情変化に乏しい無口)が財閥の庶子であるらしいことが分かる、これをとりあえずスキャンダルとしてリークする、この結果は以降のお楽しみ。
さらに、18年前の女性アイドル、장도원=チャン・ドウォンが米国から突然帰国してカムバックするという芸能ニュースが流れる。これが社長と因縁があったらしいとうかがわせた、と思ったら、直ぐにネタバレこれまた芸能ドラマのお約束?、彼女こそがパハの本当の母だったのだ。※こうなると社長も、本当に父親なのか?、と読者は思うね。
そして、既にそのことを知っていたパハは、マネージャである叔父(社長の弟)に二人だけの対面の場をセッティングしてもらい、自分が『チャン・ドウォンさんの娘です』と名乗る。さて『あなたはどんな反応をするのかしら?』というパハのモノローグで続く。

|

« 私が一番印象に残っている過去の曽野綾子批判 | トップページ | アニメ感想:純潔のマリア 第六話 ユリ熊嵐 第7回 山賊の娘ローニャ 第21話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61164129

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150219):

« 私が一番印象に残っている過去の曽野綾子批判 | トップページ | アニメ感想:純潔のマリア 第六話 ユリ熊嵐 第7回 山賊の娘ローニャ 第21話 »