« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150319) | トップページ | アニメ感想:2014年10月期から2015年3月期のアニメは企画時から安倍政権下の右傾化日本を危惧した作りだったのかもしれない。 »

2015年3月21日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150321)

Sindererasuper3

「신데렐라 쇼퍼(シンデレラ・ショッパー)」3巻。大元CI社。마루(マル)原作。이상은(イ・サングン)作画。2巻の記事はこちら
このマンガに度々出てくる言い方で、どうやら現代の韓国では、企業組織の上の方の人間(笑)の、日本で言うところのコネで採用された奴は、「落下傘」と呼ばれて後ろ指、指されるらしい。
さて、グローリア百貨店최진혁(チェ・チニョク)本部長に解雇を言い渡された、契約職(契約社員)のヒロイン、송은성(ソン・ウンソン)。しかし、一夜明けるといくら御曹司の言う事とはいえ、理由も分からずに契約解雇は無理だ、と社長、ウンソンに目をかけている양(ヤン)次長(女性)、ウンソンの評価担当채린아(チェ・リナ)ショッパー(SHOPPER=パ-ソナル・ショッパー)(女性)も難色、反対の意を表す。とりあえず目前のピンチは回避された。
さらにウンソンの観察力は、チニョクの動作から、彼が人の顔を認知できないのではないか、と見破ってしまう。しかもこのウンソンの観察力にはもうひとつの意外な理由があった。
1巻から時々ウンソンの妹(小学生らしい)が登場していたのだが、この娘の目が詳細は不明だがチニョクと同じだったのだ。だからチニョクの動作から妹と共通する反応を感じとってしまったのだ。
だが、事実に気付いたウンソンは「闇の中で一人ぼっちのような本部長に取っては、私のような存在自体が脅威なんだ。」と悟る。今のチニョクに私を信じてくれと言っても無理だ、と悩んだウンソンが選んだ道は・・・交通事故に遭った会長(チニョクの父)とその弟の入った病院に共に駆けつけ、二人の区別がつくように間に入り、チニョクのスキャンダルを探すぐうたらな彼の甥を威勢よく叱り飛ばして、解雇ではなく自分から潔く会社を去ることだった。※ここまできたらチニョクが退職を認めなかったのは言うまでもない。
他には今後の伏線らしき新キャラ、店内のVIP専用ラウンジのコーヒーショップのマスター(韓国ではラウンジ・サーバーと呼ぶらしい)、女性社員に人気のある青年登場。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150319) | トップページ | アニメ感想:2014年10月期から2015年3月期のアニメは企画時から安倍政権下の右傾化日本を危惧した作りだったのかもしれない。 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61311927

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150321):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150319) | トップページ | アニメ感想:2014年10月期から2015年3月期のアニメは企画時から安倍政権下の右傾化日本を危惧した作りだったのかもしれない。 »