« アニメ感想:ユリ熊嵐 第9回 山賊の娘ローニャ 第24話 Gのレコンギスタ 24話 | トップページ | 吉田とし という児童・青春小説家がいた その20 »

2015年3月15日 (日)

アニメ感想:アルドノア・ゼロ 22話「邂逅と決別」 蒼穹のファフナー EXODUS 第10話

「アルドノア・ゼロ」やっぱりスレインやレムリアに感情移入するほかないねえ。「敵なだけなら憎む必要はなかった」スレインの台詞は、胸を打つ。そうだよねえ。アセイラムの心と唇まで奪ってるんだから。レムリアのアセイラムに対する一連の台詞も同様。
「蒼穹のファフナー EXODUS」私は大ボケだ、今更ながら気がついた、ここからが本当のエクソダス、出エジプト記か。共存平和を希望すればするほど戦いに追い込まれていく人間存在の矛盾が悲痛に描かれている。その中で総士と一騎の大ボケ漫才が救いか。ミール、フェストゥムも人間を知って人間のように希望と個性を持ったことによる攻撃。ミクロからマクロまで人間存在の矛盾が繰り返し風刺されている。

|

« アニメ感想:ユリ熊嵐 第9回 山賊の娘ローニャ 第24話 Gのレコンギスタ 24話 | トップページ | 吉田とし という児童・青春小説家がいた その20 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61284011

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:アルドノア・ゼロ 22話「邂逅と決別」 蒼穹のファフナー EXODUS 第10話:

« アニメ感想:ユリ熊嵐 第9回 山賊の娘ローニャ 第24話 Gのレコンギスタ 24話 | トップページ | 吉田とし という児童・青春小説家がいた その20 »