« アニメ感想:アルドノア・ゼロ 24話「いつかみた流星」 蒼穹のファフナー EXODUS 第12話 | トップページ | アニメ感想:純潔のマリア 第十二話 »

2015年3月31日 (火)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150331)

Liberte1

「Liberté 리베르떼 (リベルテ)」大元CI社。原作が「Lady detective(レディ ディティクティヴ)」のやはり原作を担当した전혜진(チョン・ヘジン)。漫画はこれが単行本デビューという新人、김락현(キム・ランヒョン)。
리베르떼 (リベルテ)、そこは、自由区域の名の下に、独裁政権に対するレジスタンス、政治犯、異能力者、犯罪者らが集まり、公安も手が出せない無法地帯、魔窟のような城塞都市。
そこで育った少年、マグナム・コルト・パイソンことマックは、プロ格闘技の試合で頭角を現しつつあったが、リベルテに突然出没する怪物、通称テラトーンに遭遇し、弟分のミチは意識不明の重症を負うが、本人も重症を負う直前、異能力を覚醒させてテラトーンを粉砕する。テラトーンに対応するために公安が設置した特殊警察はこの異能力の持ち主を集めて訓練した組織であり、マックの異能力の発言を目撃した特警の女性刑事、レイナ・ウィンチェスターは、彼をスカウトする。入院中のミチは突然、拉致され、事件の首謀者は、軍関係者と、異能力者に対する生体実験で手配中の科学者ロイ・スパンドレル。いつかミチを取り戻す為に、特警に志願したマックはリベルテを出て、先輩刑事のジョシュア・レミントンとコンビを組んで、テラトーンと闘い始める。
純情漫画には珍しい、超能力SFアクション。あとがきで原作者自ら、かつて香港に存在した城塞都市、九龍城砦をモデルにしたと説明しているリベルテを舞台に、おそらく国軍の遺伝子研究の産物と思しき怪物との超絶的バイオレンスバトル。主人公のマックは、天然ボケなところがある可愛い少年(笑)、姉御肌の女性指揮官、いわくありげな屈折した先輩刑事、とお膳立ても、お約束も見事揃った感じ。そして拉致されたミチは、すでに改造されていることをマック達はまだ知らない、と今後の展開を予想させるが、一寸揃い過ぎている感もあるが、ここから何を見せてくれるか、十分期待させる。なお言うまでもないが、主なキャラクターのネーミングは実在の銃の名称であることは、本書内でも銃の解説付きで明かされている。

|

« アニメ感想:アルドノア・ゼロ 24話「いつかみた流星」 蒼穹のファフナー EXODUS 第12話 | トップページ | アニメ感想:純潔のマリア 第十二話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61368755

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150331):

« アニメ感想:アルドノア・ゼロ 24話「いつかみた流星」 蒼穹のファフナー EXODUS 第12話 | トップページ | アニメ感想:純潔のマリア 第十二話 »