« アニメ感想:蒼穹のファフナー EXODUS 第13話 | トップページ | 本感想:ことづて屋(ポプラ文庫ピュアフル)濱野京子・作 カスヤナガト・イラスト »

2015年4月 4日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150404)

Nabi18

「Nabi」18巻。김연주(キム・ヨンジュ)。大元CI。17巻の記事はこちら
飛行船内で水国皇帝が死に、地上でも文国と水国の戦乱が勃発する。その最中、손소류(ソン・ソリュウ)は、夢を見続ける。世界や宇宙を幻視?しながら、한아(韓花=はな)が傍らで話しかけるのだ、「本当に両親はあなたを愛していなかったと思うの?」あるいは「非凡なあなたは世界を変えることが出来る。だけど、それは独りで出来ることなの?。この世界の一人一人は、水滴のようにちっぽけな無力なもの、だけどそれが集まって大海となるのよ、ソリュウあんたは本当にそんな水滴になりたいの?」と。己の力で世界を思うように変えられない、孤独となったソリュウの無力感に、ハナ、あるいはハナの姿をした何かが独りではなく、皆の力を集めよ、と示唆を与えているかのようだ。
表の世界では、戦乱の中で、하림(霞林=はりむ)、류상(柳尚=りゅうさん)、ホン・ハヨン(홍하영)=묘운(妙雲=みょううん)、故성호월(ソン・ホウォル)の書院の少年적영(赤英=ちょくよん)と最年少の少女아루(ある)さらにシャン族の連中、といった一行の内、ハリムは眠っていたソリュウを救い出し、リュウサンは、屋敷からソン・ホウォルの遺灰?の箱を持ち出す。彼等の長い夜は、運命はまだ先が読めぬまま続く。

|

« アニメ感想:蒼穹のファフナー EXODUS 第13話 | トップページ | 本感想:ことづて屋(ポプラ文庫ピュアフル)濱野京子・作 カスヤナガト・イラスト »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61384046

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150404):

« アニメ感想:蒼穹のファフナー EXODUS 第13話 | トップページ | 本感想:ことづて屋(ポプラ文庫ピュアフル)濱野京子・作 カスヤナガト・イラスト »