« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150421) | トップページ | GO!プリンセスプリキュア 第13話 »

2015年4月25日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150425)

Megaderu1
「눈이 나려 꽃(芽吹く)」1巻。임해연(イム・ヘヨン)。鶴山文化社。タイトルをどう訳そうか、悩み続けた。 꽃=「花」を訳してしまうと、日本語では重ね言葉みたいになってしまうと考えたので、思い切ってカット(※ご批判は受けます)。この作者の作品は「虎様の食卓」は以前に読んだ。その後にもう一作「PARTY]誌に連載作があった筈だが単行本化されなかったようだ。
韓流ドラマや日本の少女マンガでもおなじみ、東洋趣味の「後宮もの」。舞台は作者オリジナルの中華圏風の架空の国。地方貴族の正室の侍女をしていた少女설석(ソルソク)は、本人の利発さと夫人の仕込みが良くて、夫人の側室に対する権謀術数から見ざる言わざる聞かざるを習得していたが、当人も遂に夫人の逆鱗に触れ、あわやという所で、当地の宮廷の後宮候補として選抜されて登城、命拾いはしたが、ここから後宮の熾烈な生き残り争いの渦中に身を投じることになる、というまさに王道パタン。1巻では、ソルソクの気の強さと教養と頭の良さで、早速、コネのある後宮候補に目を付けられて罪に陥れられ拘束されたが、何故か始末されるのでも追いだされるのでもなく、宮中の謎の区画「封花閣」に送られ「正六品尚功」の宮女資格を与えられ、宮中の一大書庫の管理の職に就いたところまで。
ソルソクの立場がどうなったのか前後の経緯など、一切が彼女にも読者にもまだ明かされていない。作者の技量は柔らかいタッチと端正で正確な絵作りで文句なし、これから作者のオリジナル後宮のドラマがいかに魅力的に展開されていくか楽しみだ。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150421) | トップページ | GO!プリンセスプリキュア 第13話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61493071

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150425):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150421) | トップページ | GO!プリンセスプリキュア 第13話 »