« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150716) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719) »

2015年7月19日 (日)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719)

Dousenaratahon6
「이왕이면  다홍(どうせならタホン)」6巻。이상은(イ・サングン)作。鶴山文化社。5巻の感想はこちら
前巻で登場した、家の孫達の一人우진(ウジン、この家の長男(=ミソンさんの夫)と離婚した前妻の間の子、職業モデル)に幼い頃からぞっこんだった少女、というのは訂正⇒名前は주리(=チュリ)、大学生で夏休み中で実家に戻ってきているらしいから二十歳ぐらいでタホンと同年齢だ。タホンを一方的にライバル視し挑発するが、ウジンに対する一途さに、タホンの方はチュリに好感を持ってしまう。しかし元々トラブルメーカーで、以前にもおしかけ女房みたいなことをやって家中をひっかきまわし舅に出入り禁止を食らったこともあるらしい。
当のウジンは、家のこれまでのごたごたが一段落したと判断し、ソウルの独り暮らしのマンションに戻ことにしたが、ついでに百貨店で買い物をするというので、スーパーの安売りしか経験がないタホンがこれに好奇心を駆られ同行し、優雅な?独身貴族と、ケチと孤独が染みついた娘のコスト感覚と好みの落差を露呈させて一暴れ(笑)。
この間にチュリはタホンの部屋に押し掛け、タホンと舅の契約書を発見し、これを老人ホームの人々に公開して、舅がホームの人々からひんしゅくを買うように仕向けて、怒った舅は、タホンが自分を陥れる為にこんなことをしたと思い込み、タホンを家から追い出してしまう。
チュリが仕組んだということは、タホンにはすぐばれるが、チュリがこの家の世話をする、と宣言したので、タホンとしては、それならそれで構わないと平然としたもの(※読者には、チュリのめちゃくちゃな家事テクニックで、男達が翻弄されることが予想される)。
街に出たタホンは、アルバイト募集チラシを見てとある写真館に来た(※親父がプロカメラマンだから彼女もそこそこの腕がある)。ここの社長(※他に店員はいない)がどうも問題ありそうな奴で・・・という訳で、今度はこの写真館と社長をタホンがどうにか盛り立ててやりそうな展開だ。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150716) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61883524

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150716) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719) »