« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719) | トップページ | アニメ感想:「GO!プリンセスプリキュア 第24話」「GANGSTA 2話」「アクエリオンロゴス 3話」「ガッチャマン クラウズ インサイト 3話」「クラスルーム☆クライシス(Crassroom☆Craisis)3話 »

2015年7月19日 (日)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719)

Ponchakustar8
「뽕짝스타(ポンチャックスター)」8巻。김명미(キム・ミョンミ)作。ソウル文化社。7巻の記事はこちら。7巻の記事の訂正、장도원=チャン・ドウォンは母親の名ではなく、社長の名前。
「東方礼儀之国」の所属する零細事務所社長の娘(名前は바하=パハ)にして謎のトロットのヒットメーカーは、母親=18年前の女性アイドルがカムバックを図って帰国し曲のオファーがあったのを機に初めて出会う。しかしその反応は失望させられるものだった。チャン・ドウォンは娘と侘びや挨拶どころかまともに目を合わせることもできなかったのだ。これを知った社長は、18年前の真実を語る。社長も当時は美男子のアイドルで人気があり、ガールズ・グループでやはりアイドルをしていた年上の彼女と付き合っていた。社長は結婚を考えていたが、彼女は子供を独りで生み落し、しかも妊娠していた実感がこれまでなく、父親が誰かも本当に分からないとうろたえるのみだった。
子供を預かったチャン・ドウォンは医師から「妊娠拒否症」という症例があり、妊婦が妊娠の事実を受け入れられないことがあると知る。チャン・ドウォンは引退し、この娘を自分の子として育てることを決心し、彼女は二度と戻らないことを約束して渡米した。
そしてチャン・ドウォンも彼女と再会するが、年月を経てもやはり自分のことしか考えられない彼女に落胆した。
一方メンバーの一人(ガタイがいいがアイドルを目指しているとは思えない、表情変化に乏しい無口)が財閥の庶子であることがスキャンダルとしてリークされた、7巻の顛末は、この財閥に完全に揉み消された。
※7巻に続いて、バハを巡るドラマが一段と重い展開となった。とりあえず一段落のようだが。
※一方で、8巻では「東方礼儀の国」としてのドラマは一切なかった。今後人気アイドルとなった彼らの成長と個々のドラマのバランスがどうなるのかに注目だ。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719) | トップページ | アニメ感想:「GO!プリンセスプリキュア 第24話」「GANGSTA 2話」「アクエリオンロゴス 3話」「ガッチャマン クラウズ インサイト 3話」「クラスルーム☆クライシス(Crassroom☆Craisis)3話 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/61883536

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150719) | トップページ | アニメ感想:「GO!プリンセスプリキュア 第24話」「GANGSTA 2話」「アクエリオンロゴス 3話」「ガッチャマン クラウズ インサイト 3話」「クラスルーム☆クライシス(Crassroom☆Craisis)3話 »