« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150907) | トップページ | 小説感想:濱野京子・作「小さな花束」NHKオンライン「オトナヘノベル」より »

2015年9月10日 (木)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150910)

Sindererasuper5
「신데렐라 쇼퍼(シンデレラ・ショッパー)」5巻。大元CI社。이상은(イ・サングン)作画。4巻の記事はこちら。※原作者の마루(マル)の名が消えた。イ・サングンの頑張りに期待しよう。
嫌がらせも意に介さず、わがままな客に巧みなコーディネイトと説得で気に入られるヒロイン、송은성(ソン・ウンソン)、評価担当채린아(チェ・リナ)ショッパー(SHOPPER=パ-ソナル・ショッパー)にも実力を認められ始める。
店内のVIP専用ラウンジのコーヒーショップのラウンジ・サーバー현욱(ヒョン・ウクかヒョヌクか)もちょくちょく登場してくる。(※まだウンソンとチェ・リナとしか絡んでいないので、グローリア百貨店최진혁(チェ・チニョク)本部長と絡んだ時、伏線?が明かされるだろうと私は予想している。)
しかし、名ばかり課長のチニョクの甥、태하=テハがまたちょっかいを出してくる。ウンソンを社報の表紙モデルに起用し、上司との対談を掲載すると決めたのだ。
まだインターンに過ぎないウンソンへの破格の待遇に社内の女性社員の反感を買い、嫌がらせは増加するが、これに応じたウンソンは対談相手に何かと噂の出ていたチニョクをあえて要請し、記事では、女性社員一人一人の長所を名指しで語ることで、好感に逆転させた。
※サラリーマン漫画の典型的なパターンと言ってしまえばそれまでだが、ここから小技?が冴える。
ウンソンと妹とのやり取りを見たチニョクは、妹イランが自分と同じで顔認識が出来ないと気付いた(※私はこれまで眼が見えないと思っていたのだが間違いだった)。
ウンソンは、妹の症状を知るとかばってくれる人もいるがそれ以上に心ない仕打ちをする人達が多かったから、今は絶対秘密にしているのだ、だからチニョクの気持ちも分かる。秘密は絶対漏らさない。私は本部長の味方になる、と訴える。
これに対しチニョクは、自分は誰も信じない、そこまで言うならこれから自分の耳目となって社内の事を伝えろ、と命令する。スパイにされるのかとヒヤッとするウンソンだが実際に話すのは社内の福利厚生が十分行き届いていないという話ばかり。口ではクールなチニョクだが社報の件で記憶力だけでなくウンソンの観察分析判断など総合的な能力を評価しての起用なのだ。
※サクサク読めるし痛快感がある。ウンソンとチニョクの今後も気になる。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150907) | トップページ | 小説感想:濱野京子・作「小さな花束」NHKオンライン「オトナヘノベル」より »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/62243991

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150910):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20150907) | トップページ | 小説感想:濱野京子・作「小さな花束」NHKオンライン「オトナヘノベル」より »