« アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~6話」「ヘヴィーオブジェクト 6話」 | トップページ | アニメ感想:「アクエリオンロゴス 20話」「ルパン3世 7話」 »

2015年11月14日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151114)

Rure23

「RURE(루어)」23巻。서문다미(ソ・ムンダミ)。鶴山文化社(純情漫画誌「PARTY」連載中)。22巻の感想はここ
※昨年、「アナ雪」に「思い出のマーニー」と立て続けに日米近親百合ネタの競演で驚いた(?)が、なんだかそれ以前以降、今も続いて見ているような気がしていたのだが、ズバリこのマンガだ!。
※姉妹の百合描写が特にある訳ではない、むしろ愛憎渦巻く展開なのだが、基本的に代々双子の姉妹がRUREという異世界の巫女となって話を動かす設定から連想しシンパシーを感じていたのだ。
翅族の「天空城」の中で奴隷部族たちが生き残りをかけて争い始める。その中で신명화(シン・ミョンファ)はルアーの力を発現させて、青い月の一族の族長、エクルとお互いを保護し合う契約を結ぶ、同時に(天空城の制圧、陥落、文字通り落下を狙った)「解放軍」が外部から城内に侵入、想定外のこの光景を皆が目撃し、諸部族は争いをやめ、ルアーを中心に、共通の敵、翅族に反乱するためにまとまる。
解放軍とは翅族が「自然主義者」という過激派で元々は翅族だったが、自ら黒い翼を捨て、地上に降り立ち、人間はみな自由に平等に生きようという思想の人々が戦力を蓄えてきた者達だった。解放軍のリーダーは子持ちの女戦士、パナオルカル。彼女の息子を見たミョンファは、その子こそが代々の島の当主となる姉妹が時空を跳躍しルディムナに来ては探し続けてきた伝説の男子ルアーの一人だと直感する。
だが、男子ルアーの行方、彼の父親の消息を尋ねるとパナオルカルは、翅族は自然主義者を罪人として生体実験に使い、息子は人工的に妊娠させられてできた子だというのだ。※ここでまた無謀にもパナオルカルの台詞を拙訳してみよう。
『男たちは生きたまま解剖され、死んでしまい、女達は無理やり妊娠させられました、強姦ではありません、妙な器具で子宮に種を植えられました』
さらに、ルアーの事は知らないが、額に印章をつけた女精霊使いが祭りの生贄にされていた記憶がある、と。それがある時、生贄となる者が無くなったので、途絶えたと。※つまりこの生贄は島に戻って来なかった女達=ルアーだということ。
もはや、ミョンファも翅族との戦いにためらう理由はない、誰もが皆、共通の敵翅族の天空城を落とすことを望んでいるのだ。
※他にサブエピソードとしては、朝鮮半島神話の水神=河伯(ハベク)が男性ルアーだったという設定も出てきた(このハベクといえば先に長期連載が終了した「하백 의 신부(河伯の新婦=水神の花嫁」という純情漫画もあった)
※さらに、伏線と思われるのは、ミョンファの語りでは、島の双子姉妹は、ルディムナでは本来一人であるべきルアーの力が異界(地球)で別れてしまった存在なので、姉妹二人ではルディムナでは生きられない。だがこれを聴いたヒロインのシン・ハルは内心では『ルディムナにきた(ハルの双子([20160522訂正]腹違いの妹)ミルは衰弱から回復した。これはいったいどういう事だ。大神女は間違っているのか?』と疑念を抱えている。

|

« アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~6話」「ヘヴィーオブジェクト 6話」 | トップページ | アニメ感想:「アクエリオンロゴス 20話」「ルパン3世 7話」 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/62653488

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151114):

« アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~6話」「ヘヴィーオブジェクト 6話」 | トップページ | アニメ感想:「アクエリオンロゴス 20話」「ルパン3世 7話」 »