« アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~9話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151205その2) »

2015年12月 5日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151205)

Kimigaitamiraideha8
「네가 있던 미래에선(君がいた未来では君がいる未来では)」8巻。이시영(イ・シヨン)。大元CI社。7巻の記事はこちら
幽霊に?拉致された、A.27の運命やいかに?の続きだが、モビィ・ディック号に戻ったトビアスに調査報告するダンテさんによると、VR空間に、時空の歪みが発生し、本当に昔高校の校舎と局所的につながったらしい。つまりA.27は本当に幽霊騒ぎのあった場所にいる、というのだ。
例によってトビアスはめんどくさい話はいいと遮り、ダンテにA.27を連れ戻しに行くと命令。
さて、学校の女子高生幽霊?とA.27の会話が延々と続く。最初に遭ったトビアスの、幽霊?を恐れもしないでハイになって対応する態度にはさすがの幽霊?もうんざり、という話から始まり、彼女は自分が死んだのか生きているのか分からない、と繰り返すのだ。校舎の屋上から飛び降りようとするまでの記憶はあるのだがその後がないと、そんな問答の最中に、モビィ・ディック号が現れ、A.27を取り戻す。※このエピソード、本編では彼女の正体が不明のままで終わったが、後書き漫画によれば、彼女は、昔のアイドル歌手で、自殺を図り、一時、本当に生死不明状態の時にA.27達と幽体のみで遭遇していた、という裏設定があったらしい。
幕間劇風に、ダンテさんと、ダンテさんの昔の女主人のSMチックな怪しい関係のエピソードを挟み、次なるエピソードは、SNS衰退後、それに代わるDBS(다큐봇(=ダッキュボット)システム)の説明で始まる。
DBSとはA.27の言によれば「意味のある短いテキスト、追憶を描いた写真と動映像」さらに、それを利用するには、火星の極地で発見された原料から合成された香水、品名「ノスタルジア=郷愁」を身につけなければならない、というから読者から見れば、何か妖しいイメージがする。
これもまた、トビアスがDBSをやりたいと言い出し、やはりA.27がDBSは言葉を凶器にしかねないと警告を出すがお構いなし、このDBSの有名な技術者を専用の呼び出し装置でさっさと召喚?した。
ところがこの人物、ルーカスが民俗的仮面劇のような、隈取りで装飾された仮面をつけた立体映像で現れ、「DBS技師という職業はエンジニアではない。アーチストです」と宣言?し、謎かけをして、私がいる火星に来いと言い残して去った。※なんとも面倒くさそうな人がまた出てきた訳だ。
そして、続けてトビアスの身に何か(※おそらく香水ノスタルジア)を仕掛けてきたところで続く。

|

« アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~9話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151205その2) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/62769189

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151205):

« アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~9話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151205その2) »