« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151212) | トップページ | アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~10話」「アクエリオンロゴス 24話」「蒼穹のファフナー EXODUS 24話」「ルパン3世 11話」「GO!プリンセスプリキュア 第44話」「ヘヴィーオブジェクト 10話」 »

2015年12月12日 (土)

本感想:濱野京子・作「アカシア書店営業中!」森川泉・絵。あかね書房

児童書の品揃えがいい、とある街の本屋。そこがスーパーマーケットチェーン店に変えられてしまいそうな雰囲気。本好きな小学生達と児童書好きな、正規店員、バイト店員が本屋を、特に児童書コーナーを盛り上げる為に知恵を絞る奮戦記。
いつものことながら、濱野京子の世界は共感を誘う舞台や題材で胸が痛くなる(笑)。人に読んでもらいたい本を人に勧める、人に勧められる、いずれも一筋縄では決していかない。勧める、勧められる行為は簡単だが、結果が出るとは限らない。時には反発を招くものだ。私自身、反発されたことも、反発したこともある。加えて、街の本屋が消えてゆくエピソード。私の住む街でもそうだから身につまされる。街の本屋だけではない、新宿で老舗大型書店に対抗するように進出した大型書店の新宿支店は児童書の品揃えが多くて気に入っていたんだが、撤退したのには驚いた。※おそらく濱野京子もそこでピックアップされた作家の一人だったから少なからぬ衝撃が本書執筆に影響をしたと思われる。
小学生の子供達が知恵を絞るだけではない、児童書コーナー店員も、本を愛さない店長と対立し、児童書大好きなバイト店員と協力しながら、昨今定着した手書きポップや掲示板など工夫を尽くす。さらに間接的に、学校図書館の司書教諭、主人公の家族、親戚までサポートする。本と書店を通じて老若男女が結びついていく。こういうことは電子書籍ではなかなか難しいのではないだろうか。
リアルだろうがFTだろうが本に対する愛着は、ネットと電子書店に押されてもまだ老若男女を問わない。いずれこの時代も変わるのだろうが(※私自身二十年前には既に本の置き場に困り始め、電子書籍が普及したら、新刊どころか蔵書も絶対にそっちに買い変える、と公言していたがいまだ果たせない古いタイプだ)今この時、本と本屋に対する愛を伝えていきたい。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151212) | トップページ | アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~10話」「アクエリオンロゴス 24話」「蒼穹のファフナー EXODUS 24話」「ルパン3世 11話」「GO!プリンセスプリキュア 第44話」「ヘヴィーオブジェクト 10話」 »

濱野京子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:濱野京子・作「アカシア書店営業中!」森川泉・絵。あかね書房:

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20151212) | トップページ | アニメ感想:「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~10話」「アクエリオンロゴス 24話」「蒼穹のファフナー EXODUS 24話」「ルパン3世 11話」「GO!プリンセスプリキュア 第44話」「ヘヴィーオブジェクト 10話」 »