« アニメ感想:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 14話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160116) »

2016年1月11日 (月)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160111)

Pure_crown5「Pure Crown (ピュア・クラウン =퓨어 크라운)」5巻。イム・ジュヨン(임주연)大元CI社。4巻の記事はこちら
描写と叙述がなかなか、複雑になってきたがイアリンの姉の一人、夏の女王、ブレスレットは、以前にも、妹、ヒロインのイアリングこと이아린(イアリン)の処遇を巡りフェアリーランドと地上世界を舞台に長姉ティアラと戦ったことがある。そういう事がある度に地上の「マザーネイチャー」はファアリーランドからの侵攻とみなしてこれを排除する精霊のようなものを発生させていた。これまでにもイアリンを襲った硝子の柱のようなものもそれであり、3巻で騒ぎになったイアリンの起こした「フェーズⅡ」に対してもマザーネイチャーが対抗措置を発生させることが予想される。それを予期してブレスレットとその部下達は、人為的にブレスレットも「フェーズⅡ」を発生させる準備をしていて、これを発動、マザーネイチャーの反撃を抑え、その間に主人公の小六生、문시후(ムン・シフ)に、イアリンを救わせようとした、という展開になったらしい。
※この辺り漫画の描写はシンプルだが超絶的な表現でなかなか解釈が難しい。
結果としては、冬将軍Load Frostは、本当はイアリンを死なせてはいなくて、ブレスレットが実際にどこまでやるか試したらしい。
事が終了した後で、ブレスレットがシフに語る件を以下拙訳してみる。
『マザーネイチャーは女王達が地上で勝手に力を使わないように免疫のようなものを作り我らを排斥しようとする。今度は私の元々の能力以上の力を絞り出した。それもかなり過激に。マザーネイチャーが送ってきた者達が、そのレベルに合わせてきたら私は勝てなかった』
※ブレスレットの語りは続き、さらに難解となるが、他の女王達がイアリンが単なる災厄をもたらすだけの存在だから封じるしかない、と主張するのに反対し、誕生した意味があることを願い、地上のシフと出会ったことがその可能性であることに賭けているようだ。
ブレスレットは死ぬわけではなくただ地上世界に行く力はもうなくなった。
冬将軍は、イアリンを地上に帰す前に、彼女と語り合い、『<役に立たない事>がそなたの役割だ』と告げる。しかし、能天気な?イアリンはこのセリフに<リスペクト>を集める方法を思いついた。この間の騒ぎの記憶をなくしたまま、イアリンは地上世界に戻り、人間の『役に立たない望みをかなえる店』を始める新展開となった。
※自分の架空の葬儀をしてくれとか、気が済むまで宝探しの穴掘りをさせてくれとか、デンプンを溶かしたプールで泳ぎたいとか白い碁石を敷き詰めたプールで泳ぎたい、とかいう依頼人の願いをイアリンの魔法でかなえてみせた。
そして今度は秋の女王네크리스(ネックレス)がイアリンを連れ戻しに現れたところで続く。

|

« アニメ感想:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 14話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160116) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/62991463

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160111):

« アニメ感想:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 14話」 | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160116) »